講師Q&A 「司法試験合格しましたが、外資コンサルを志望しています」

講師Q&A 「司法試験合格しましたが、外資コンサルを志望しています」

企業再生の現場では弁護士の仕事が不可欠であり、そのためにも司法修習は早めに終わらせた方が良い。また、確かに弁護士事務所間での差は大きいが、司法試験合格という実績はどこでもアピールできるものである。

私は司法試験に合格しています。なぜ、そのような私が法曹の道を志望せず、外資コンサルを志望しているのか。
その理由は3つあります。

1. 将来の進路
まず一つ目に、私は事業再生に興味があり、それにビジネスの側面からアプローチしたいと考えていることがあります。
某大学経済学部の女学生だった私が弁護士を目指したのは、今は亡き兄のためです。
たしかに弁護士という職業に憧れていた面はありますが、私の兄は司法試験学習中に不慮の死を遂げたので、その夢を叶えてあげたいと思ったからです。

またバブル崩壊後に父の不動産業が失敗し倒産した経験から、私は弁護士の中でも、法務だけでなく、更生管財人や再生債務者代理として経営者的な視点も磨くことのできる倒産弁護士を志望するようになりました。

しかし、現代の倒産事情は、バブル世代のように多角化経営が原因となるものは多くなく、アジアやIT、少子高齢化など関して販売力の衰えが原因となるものが少なくないと言われています。
倒産弁護士は、これまで多角化経営をリストラクチャリングしてターンアラウンドすることで活躍してきたため、このままのフィールドに甘んじていれば限界が生じざるをえません。

むしろ、法務を基礎に、ビジネスを学び、経営リテラシーを身に付けた人材こそが今の日本に必要な人材であると考えるようになりました。
こうしたことから、現場のビジネスを肌で感じる必要があると考えたため、グローバルな視点を持つ優れた経営者とのより密度の濃い仕事を求めて、外資コンサルを志望したのです。

2. 弁護士からの転職の難易度
二つ目に、弁護士として職務経験を積んでから外資コンサルに転職する場合の壁の高さがあります。
私がこの道を選んだことを弁護士の先輩に話すと、「でもね、まず司法修習行って弁護士をやってみてから考えればいいんじゃないかしら?」とよく言われます。
たしかに、弁護士を経験していない段階で、事業再生について法務とビジネスのいずれのアプローチが自分に適しているかは分かりません。むしろ事業再生が自分に適しているのかも分かりません。

しかし、仮に弁護士から外資コンサルに転職する場合、ブランド力のある法律事務所の中で、さらにその所内の競争に競り勝った弁護士しか採用されないというのが実情で、特に女性だとなおさら厳しい状況にあると思っています。
他方、新卒であればそうした壁を越える必要がなく、むしろ司法試験合格者という独自性を売りにしてリクルートに取り組むことができますし、女性のコンサルタントも多くの方が経営陣として活躍していらっしゃいます。(しかも、実は司法試験の勉強とケースの勉強にはいくつもの共通点があります。)
このようなことから、決して弁護士に魅力を感じなくなったわけではなく、あくまでも今しかできない選択肢だからこそ、外資コンサルを志望しているのです。

3. 司法修習を見送るデメリット
三つ目に司法修習を1年見送ることで決定的なデメリットが生じないことが挙げられます。
司法試験に合格すると、1年間の司法修習といういわば法曹の教育実習が待っています。
これを修了しなければ、裁判官、検察官はもちろん、弁護士登録をすることもできません。
しかし、一度司法試験に合格すれば、司法修習を受けることができる期限に制限はないのです。
もちろん、外資コンサルに就職した後、キャリアアップとして修習に行くことも可能です。

もっとも、仮に外資の就活に失敗し、1年後に修習に行く場合も十分ありえます。
その場合にはデメリットは3つあります。
弁護士が就職難であるにもかかわらず先の合格者の分だけ就職先が埋まってしまうこと、同期との間に実務経験の差が生じること、同期と修習時代を過ごせない疎外感です。
しかし、いずれも大きなデメリットではありません。
前二者については、同期よりも法務以外の点で成長すれば良いだけですし、最後の点についてはほぼ感情論です。

こうしたことから、修習に行かないとしても決定的なデメリットはなく、それに代わる強みを身に付けることでフォロー可能であると考えたため、外資コンサルを志望しています。
私のこのようなキャリア選択は、実情に合致していますでしょうか。
アドバイスをいただけると幸いです。

講師による回答

弁護士資格を先に取得されることをお勧めします。
3点に直接答えるならば、企業再生の現場では弁護士の仕事が不可欠であり、一流の弁護士事務所でなければコンサル転職が不利になるということはなく、また司法修習生の一年は若いうちに出来るだけ終えた方が良いのです。

企業再生における弁護士資格の有用性についてですが、困難な状況にある投資先企業が直面する銀行団との交渉にも弁護士としての事業再生業務の経験が大いに生かされるでしょう。
コンサルは差別化が難しい業界ですが、その点企業再生分野の弁護士経験はあなたの大きなエッジになりますし、またコンサル後のプライベートエクイティなどの進路にも役立つでしょう。
倒産しかけている企業ないし倒産してしまった企業の整理業務で学ぶことは大変大きいものですし、大抵のコンサルプロジェクトでは経験できない貴重な体験の数々です。将来企業再生の仕事をされるときも弁護士をうまく使いこなす必要があり、弁護士だからこそできる経験を積んで、差別化されることをお勧めします。

案件が無いのではというご不安ですが、安心してください、現在もこの金融緩和のさなかシャープが大リストラをしているよう、競争に敗れた企業の破たん案件は件数の多寡こそあれ、安定的に存在します。
企業倒産は2015年の大幅金融緩和で幾分減っていますが、潜在的な不良債権はかなり大きくなってきているはずです。
これらは金利が上がる局面で急速に顕在化するでしょう。

転職の機会に関してですが、一流の弁護士事務所の方が当然転職に有利ですが、そうでない弁護士事務所でも転職に不利にはなりません。
確かに西村あさひや長松大野、キムアンドチャン、リンクレーターズやサリヴァンクロムウェルといった、エリート弁護士事務所といわゆるトップティアでない弁護士事務所の格差は目も当てられないほど大きいものですが、弁護士資格を通る勉強を達成した、という事実自体が貴方の仕事能力に関する大きなシグナリング効果を持ちます。

なお一年の修習期間は働いても給料が比較的低い若い間に済ませた方が良いです。
既にキャリアを積み、仕事の責任も給料の額も大きくなった時に一年キャリアを断絶させるコストはことのほか大きいものですし、そのコストの大きさから尻込みして、結局、獲得寸前の弁護士資格を逃すことにもなりかねません。
弁護士資格取得を望まれるのでしたら、出来るだけ早く修習期間を済ませて下さい。

弁護士をされることになった場合は、単にリスクを指摘するだけの弁護士ではなく、ビジネス感覚の豊かなディールメーカーとしての弁護士を目指しましょう。
企業が苦境に陥った時、私的整理で話がまとまらなければ民事再生で管財人の弁護士先生の出番になるわけですが、残念ながらビジネスセンスのない弁護士の先生が、スポンサーの提案するろくでもない提案と、実は隠れているスポンサーが大もうけする仕組みを見抜けず、あまりフェアとは思えない裁定をしているケースが多いのは残念な限りです。
そんな中、あの先生に頼めば再生が上手くいく、というレピュテーションを築けば結構毎回指名されるようになります。

ただし、弁護士の仕事があまりにも嫌で向いていないことを確信された場合は別の話です。
法律の勉強をされて、弁護士業務だけは絶対に嫌だ、と悟る人もいるので、ご自身がそのタイプであると強い確信があるのであれば、その限りではありません。
そもそも法律関係の仕事が肌にあわない、あの契約書を書くのはうんざりだ、リスクばかり筵のように洗い出して果てしないDisclaimerをもっともらしい言葉で書いて悦にひたるなんてまっぴらだ、という理由で弁護士を辞める方私の周囲に結構います(当セミナーの講師一名を含む。)有名なネットライフの岩瀬さんも、在学中に司法試験を合格したものの法曹には進まず コンサルティングファームに入られました。
当セミナー過去参加者の中にも、司法試験の面接以外は通ったものの、途中でトレーダーというまったく違うキャリアを選ばれ、結果成功されている方もいらっしゃいます。
最後はご自身を一番よく知る、相談者様のご判断だと思います。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69