ATカーニーへの転職~リピーターからの高評価と社風・激務・採用とクビの実態

ATカーニーへの転職~リピーターからの高評価と社風・激務・採用とクビの実態

マッキンゼー、ベイン、ボストンコンサルティンググループのいわゆるMBBに比べ、買収されたブーズ、日本ではプレゼンスの弱いオリバーワイマン(ヨーロッパ、中東では強い)とともに、Tier2ファームとして知られています。しかし日本では、実はBCG,マッキンゼーに次ぐ第三のサイズの外資コンサルファームです。その”大規模でもないが小規模でもない”立ち位置の特徴をまとめます。トップティアとサードティアの間にある中規模ファームならではの特徴とは一体?

ATカーニーへの転職リピーターからの高評価と社風・激務・採用とクビの実態

ATカーニーは一言でいうと、MBBのTier1、また安価な日系・総合系ファームに挟まれた、中規模Tierファームです。

しかしグローバルでの位置づけより日本でのプレゼンスは高く、実はMBBの一角ベインより、日本での人員は多いほどです。そんなTier2ファームの雄・ATカーニーへの就職・転職を考えるうえでの、他ファームに比較したポイントを以下に記載します。

1.オペレーション(コスト削減)での強み

ATカーニーは実はマッキンゼーからよりオペレーションに特化したファームとして分化したのが出発点でした。コストカットプロジェクトには定評があり、不況局面でも戦略ケースの鈍化を補うケースが多くあります。

(ただし志望動機として、”私はクライアントの無駄をカットしたいのです”というのは使いづらいので、あくまで特徴の一つとして認識してください。)

・幅広い安定的なクライアント層と特定分野での強み日本ではグローバルに比べて大きい

ATカーニーはグローバルではいわゆるセカンドティアですが、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

ストロングキャリアはハイエンド・プロフェッショナル人材特化型キャリアサイトで、(株)ディープキャリア (有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-312610) により運営されています。前身の「外資系戦略コンサル投資銀行面接対策セミナー」設立の2002年以降20年にわたり、現役のプライベートエクイティ、戦略コンサル、投資銀行等のプロフェッショナルが、実に1万人以上の皆様にキャリアコーチング/面接対策及び、LBOモデル・バリエーション研修など実践的な研修を提供して参りました。弊社では個人の適正とビジョンを見極めた上で、ハイクラス・厳選求人案件をご紹介しております。以下では僅か2ページ・所要3分の会員登録で、数千頁を超える会員コンテンツを御覧頂けます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング