ATカーニー5大特徴~リピーターからの高評価と社風・激務・採用とクビの実態

ATカーニー5大特徴~リピーターからの高評価と社風・激務・採用とクビの実態

マッキンゼー、ベイン、ボストンコンサルティンググループのいわゆるMBBに比べ、買収されたブーズ、日本ではプレゼンスの弱いオリバーワイマン(ヨーロッパ、中東では強い)とともに、Tier2ファームとして知られています。しかし日本では、実はBCG,マッキンゼーに次ぐ第三のサイズの外資コンサルファームです。その”大規模でもないが小規模でもない”立ち位置の特徴をまとめます。トップティアとサードティアの間にある中規模ファームならではの特徴とは一体?

リピーターから高評価、新卒優遇、組織拡大のチャレンジ

ATカーニーは一言でいうと、MBBのTier1、また安価な日系・総合系ファームに挟まれた、中規模Tier2ファームです。

しかしグローバルでの位置づけより日本でのプレゼンスは高く、実はMBBの一角ベインより、日本での人員は多いほどです。そんなTier2ファームの雄・ATカーニーへの就職・転職を考えるうえでの、他ファームに比較した5ポイントを以下に記載します。

1. オペレーション(コスト削減)での強み

ATカーニーは実はマッキンゼーからよりオペレーションに特化したファームとして分化したのが出発点でした。コストカットプロジェクトには定評があり、不況局面でも戦略ケースの鈍化を補うケースが多くあります。

(ただし志望動機として、”私はクライアントの無駄をカットしたいのです”というのは使いづらいので、あくまで特徴の一つとして認識してください。)

2・幅広い安定的なクライアント層と特定分野での強み~日本ではグローバルに比べて大きい

ATカーニーはグローバルではいわゆるセカンドティアですが、日本ではファームサイズも100人を超え、MBBの一角ベインを凌ぐサイズに成長しました。

これは幅広い顧客層に加え、エネルギーや金融分野などいくつかの業界での強いプレゼンス、また定評のあるオペレーション改善パッケージで、高いリピーター率を誇るからです。

実際に財閥系などキークライアントをどっぷり取り込んだ古参のパートナーが売りまくるので、案件に困ることはなく、様々な経験を積むことができます。

3.新卒優遇で中途コンサルの見切りが早い~回転率の速さと、愛社精神の低さ

ここからがチャレンジです。コンサル市況が良いのでどこのファームもプロジェクトを断るくらいリソースが足りていないのですが、150人、200人体制を目指そうと一挙に採用拡大に舵を切ったために、適正が必ずしも高くない中途が増えました。

新卒は長い間見てくれる会社ですが、中途採用組には冷たいという評価が多く(実際に私の後輩で中途でATKに入った人も、1年未満で不本意な辞め方をしました)、マッキンゼーなどに比べて愛社精神に欠ける人が多いのも特徴です(優遇される新卒は別ですが)。

4.ブランド名の弱さ~MBBに勝てないポジショニングの弊害

これはATカーニー永遠の課題ですが、ブランドが弱く、プレミアム価格もとれないので、トップティアの水準をMBBと争って引き付けることができません(実際に私の友人も、ATカーニーから念願のマッキンゼーに転職して大喜びしていました)。

結果的に上述のように、拡大局面ではセカンドティアなタレント比率が高まり、それに疲弊を感じて経験豊富な中堅が退社し、規模拡大に失敗するサイクルが繰り返されています。

しかしこのパターンは中堅ファームが100人の壁、150人の壁を日本市場で超えるときに付きまとう課題であり、いまだに50人規模から大きくなれていないサードティアの外資ファームに比べれば、セカンドティアのトップにまで成長できた、とポジティブに言い換えることはできるでしょう。

(むしろ、そんな段階のファームだからこそ、ブランドと組織力を強めてトップティアの一角に食い込む支援をしたい、などと青臭い意気込みを語ってみる人もいます)

5・トップティアとサードティアの間にある中規模ファームならではの特徴

これまで述べてきたポイントは、ATカーニーの”中規模のトップファーム”という微妙な立ち位置に紐づくことが多いのですが、そのために志望動機が作りにくいファームであるのも確かです。

言い換えれば、「なぜMBBでなくてうちなの?」と聞かれたときに、正直に「MBBでは書類選考にすら通らなかったからです」や、「面接で玉砕したからです」などと正直に答えるだけでは、印象が悪いのは当たり前でしょう。

かといって、幅広い顧客層、優秀な人材、激務だからこその成長の機会、などは、どこのファームも標榜するポイントです。そんな中、しいて志望動機にポジティブに結び付けられるポイントとしては、

①若手の裁量の大きさ(大規模ファームでないため)

②日本でのプレゼンスの大きさ(国内ではトップファームです、と言い張ってみる)

③実行へのこだわり(母体もオペレーションコンサルですが、常駐案件も多く、実行可能性にはこだわりのあるファームです)

そして、もしあなたが新卒なら”新卒を大切に育てるカルチャー”を上げることができるでしょう。(ただし相手が中途で、新卒優遇に怒りを感じているコンサルタントであれば、こんなこと言ってはいけないので、気を付けましょう。)

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69