戦略コンサルは机上の空論ではない!その3大変化と、13もの多様なコンサルケース

戦略コンサルは机上の空論ではない!その3大変化と、13もの多様なコンサルケース

コンサルの業務は、外部から”机上の空論””口だけで実行されない”などと揶揄されることがあります。その実態はどうなのでしょうか?20年以上前のコンサル勃興期に比べ、コンサルという言葉の意味も様変わりしました。期待される役割やカスタマイズの度合い、契約形態にも変化がありますし(日本オフィスは少し遅れていますが)、コンサルプロジェクトの中身も多種多様です。ただ、コンサルのクライアント企業への関与の幅が下流の実行支援に広がった反面、上流の戦略立案には関与できなくなった悲しいコンサルファームも存在します。

早稲田大学 商学部のコンサル志望者の方からの御質問

戦略コンサルの、実際の業務の内容やレベルを教えてください。

理論上の提案ばかりが多いという話を聞きますが、どこまでクライアントに踏み込んだ仕事を行うのでしょうか。

またその期間の長さはどれくらいが一般的なのでしょうか。

講師による回答:コンサルは実行に回るケースが増加、期間は最短2週間、ときに数年に及ぶことも

理論上の提案ばかりというのはそれこそ今から20年以上前の、日本に外資系戦略コンサルがまだ今ほど根付いてなかった頃の、大昔の話ではないでしょうか。

いま、実行に落ちないパワポだけ渡してもフィーを継続的に貰えるほど甘い世界ではありません。なにせ理論レベルの抽象論、一般論はコモディティで無料になっているのです。

世にあふれる書籍や一般的なノウハウとの違いは、第一にどれだけクライアント企業に個別具体的にカスタマイズするかできまります。

だからこそ、コンサルプロジェクトではかなりの時間を使い、クライアント企業の具体的実態を根掘り葉掘り聞くのです。

ここだけ...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける