日本のプライベートエクイティ転職3大条件:PEに向いている人とは?

日本のプライベートエクイティ転職3大条件:PEに向いている人とは?

日本のプライベートエクイティファンドに転職して活躍する人の適性の3大条件をまとめました。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキストより抜粋)

日本プライベートエクイティ業界で活躍する人の3大条件


日本のプライベートエクイティ業界で活躍する人の条件を書きます。

まず第一に、ディールを引っ張ってこれる人です。日本のPE案件はスモールキャップ、ミッドキャップが多く、中小企業のオーナー社長を口説いて”わが子のようなこの会社、お前に任せる!”と思ってもらえる人でないと、案件を取ってこれません。つまるところ、単に賢いだけでなく、可愛げがありつつ信頼感のある、親しみやすい人であることが重要です。


次に、資金調達をできる人です。むしろこれが一番大切なのですが、資金調達をするには良い投資をできている必要があるので、一つ目の”ディールを引っ張ってこれる”ということと両輪といえるでしょう。


なお日本のプライベートエクイティファンドへの投資家は、2020年代初頭にかけて、都銀、地銀など銀行が増えたため、銀行とのお付き合いのマナーを心得ており、かつ人脈が豊富な方が活躍します。ないし、ファンドのリターンと外国人機関投資家とのお付き合いに自信がある場合は、欧米の年金基金やファミリーオフィス、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける