Wide thumbnail 7d999f64 f4cf 4a9c bec1 9cc01cac712a

適職分析~各社の魅力と問題点とは?

このカテゴリの記事
62本
人気企業各社で働く上での、魅力と問題点とは?ハイキャリア人材に人気のこれら企業での働き甲斐・転職理及び、それらを踏まえた上での”向いている人””いない人”の特徴を、各社で活躍するStrong Career会員へのアンケート等をもとに、編纂しています。
UBSでクービーです?解雇満載のUBS証券への就活・転職前に知るべき5点とは?
UBSでクービーです?解雇満載のUBS証券への就活・転職前に知るべき5点とは?
欧州系ナンバーワン投資銀行、UBS証券を、他の投資銀行と比較した時の特徴について解説します。
ヤバキャリア「銀行員」のコンサル・外資金融・プライベートエクイ転職の実態とは?
ヤバキャリア「銀行員」のコンサル・外資金融・プライベートエクイ転職の実態とは?
銀行業界が直面する不況は、従来のようなイールドカーブのサイクルでもなく、また不良債権でバランスシートが痛んでいるわけでもありません。政府の強烈な支援とキャッシュじゃぶじゃぶ状態が続いたにも関わらず、ビジネスモデルの多くが立ちいかなくなった構造不況に迅速に対応できませんでした。しかも、より必要な若手採用を減らし、結果的に「しがみつく働かない高齢バンカー」比率が高まっています。仮にあなたが銀行にあと20年しがみつけない年齢だとしたら、動くのは、これ以上大量の銀行退職者が市場に溢れ返る前の、イマです
日本経済停滞の3大メガ戦犯?三菱・三井住友・みずほ銀行からコンサル転職6大理由
日本経済停滞の3大メガ戦犯?三菱・三井住友・みずほ銀行からコンサル転職6大理由
社会の資金を最適配分し、企業の課題にソリューションを提供し、経済の血液循環けん引役を担うべき3大メガ銀行。しかし実際は低金利・手数料低下・IT業界からの異業種参戦に対応できず、凋落の一途をたどっています。問題は若いころは優秀だったはずの社員を、数年で「役に立たないコンサバおじさん」に変えてしまう人事制度。若ければ辞めましょう。若くなくても、これまでのように手厚い企業年金は望めません。よっぽど部署と上司と専門性に奇跡的に恵まれてない限り、銀行は辞めたほうが、貴方と社会のためになります。
丸紅から早期に退職しないとヤバい7大理由~丸紅からコンサル転職志望者急増中!
丸紅から早期に退職しないとヤバい7大理由~丸紅からコンサル転職志望者急増中!
総合商社万年5位の異名をとる、丸紅。配属先を選べず、担当業界が固定化し、膨大な社内調整を強いられ、なんといっても長年居すぎると社外価値がつかないことへの問題意識から、多くの若手人材が「30後半で手遅れ」になる前に、丸紅から転職しています。しかしそんな丸紅でも向いていて、幸せな人も存在します。その特徴を論じます。
公認会計士からのコンサル転職~会計士の3大遣り甲斐と、増える転職理由とは?
公認会計士からのコンサル転職~会計士の3大遣り甲斐と、増える転職理由とは?
Strong Career講師で、会計士のキャリア相談を担う担当者からのメッセージです。会計士としてのキャリアが困難になっていく中、会計士としての遣り甲斐と、退職する人の退職理由について説明していただきます。
トヨタ自動車を飛び出して、コンサル転職志望の若手が急増10大理由とは?
トヨタ自動車を飛び出して、コンサル転職志望の若手が急増10大理由とは?
日本を代表する世界のトヨタ。その自動車市場でのリーダーシップとポジショニング、またメードインジャパンを代表する世界的メーカーとしての名声が、多くの優秀な若手を惹きつけています。しかしながらいざ入社すると、豊田市という田舎でトヨタグループの人に囲まれ、大企業の一部の一部を担当する裁量権のない若手として20代を過ごすことに警戒心を抱き、コンサルや外銀、他業種に転職する人も数多く存在します。トヨタ自動車の問題に象徴される、伝統的大企業日本メーカーに就職した時のダウンサイドリスクとは?以下に解説します。
リクルート真理教?リクルートに向いてる人と、そこから転職すべき人の7ポイント
リクルート真理教?リクルートに向いてる人と、そこから転職すべき人の7ポイント
「お前は何をやりたいのか」「圧倒的当事者意識」「自ら機会を作り出し、機会で自分を変える」などの強力なコーポレートカルチャーで知られるリクルートホールディングス。社員の6割が20代で、その他30代の社員が占めるという、日本一若い大企業としても知られています。30代で転職することが前提となっているリクルート、そこでのフィットがある人と、そこから早期に転職すべき人の特徴に関し、以下に解説します。
プロクターアンドギャンブル~マーケティング学んで30前に転職するならP&G?
プロクターアンドギャンブル~マーケティング学んで30前に転職するならP&G?
マーケティングを学びたい人にとって世界的に最も人気のある多国籍企業、P&G。外資系にしては珍しく生え抜き主義で、人材研修も盛んです。若手社員への裁量及び責任の大きさでも知られる反面、人材の回転率が高いことでも知られるP&Gですが、どのような人材が向いているのでしょうか?当サイトに訪れる方の属性を鑑み、以下ではP&Gのマーケティング部門に関した解説に特化します。
不動産業界の不動のナンバーワン、三井不動産から外銀転職する3大パターンとは?
不動産業界の不動のナンバーワン、三井不動産から外銀転職する3大パターンとは?
不動産業界の言わずと知れたナンバーワン企業、三井不動産。プライムロケーションでの大規模都市開発で、都市の価値を高めながら、実は日系企業最高水準の報酬を得ることもできます。不動産好きにはこれ以上ない会社ですが、反面、企業カルチャーが合わずに外資系投資銀行に転職する人も。三井不動産にフィットする人としない人の特徴を、以下に解説いたします。
キーエンスからコンサル転職したがる人の特徴~キーエンスの是非6大パターンとは?
キーエンスからコンサル転職したがる人の特徴~キーエンスの是非6大パターンとは?
日本有数の高所得企業として知られるキーエンス。3年目で1000万を超え、長期的に活躍できれば2000万超えもザラの高所得企業。しかし反面、3年もたてば同じことの繰り返しに飽きて、成長カーブの鈍化を憂い、弊社に転職相談に訪れる方も数多くいらっしゃいます。キーエンスで得られることと、転職を考えるべき潮時に関して、以下に解説します。
1
2
4
6
7
総合アクセスランキング