キーエンスからコンサル転職したがる人の特徴~キーエンスの是非6大パターンとは?

キーエンスからコンサル転職したがる人の特徴~キーエンスの是非6大パターンとは?

日本有数の高所得企業として知られるキーエンス。3年目で1000万を超え、長期的に活躍できれば2000万超えもザラの高所得企業。しかし反面、3年もたてば同じことの繰り返しに飽きて、成長カーブの鈍化を憂い、弊社に転職相談に訪れる方も数多くいらっしゃいます。キーエンスで得られることと、転職を考えるべき潮時に関して、以下に解説します。

高給を得ながら数年間営業を学ぶには最適:しかし下手すれば数年ごとに転勤を繰り返し、厳格に管理されて同じことの繰り返し人生に

.効率的に営業・セールスを学ぶことが可能

「最小資本と人で、最大の成果」「市場原理、経済原理に基づく判断」というキーエンスの企業カルチャーが徹底的に浸透し、センサーを多様なメーカーに販売する業務の中で、効率的な営業・セールスを学ぶことが可能です。

.くらいまでは投資銀行に迫る高給水準

キーエンスは利益率%という超ハイマージンと強固なバランスシートで知られています。

業界他社の倍以上、投資銀行やコンサルトップファームと比べても、(これら業界の千万、億を稼ぐスタープレーヤーを除けば)ほぼ同等の高い給与水準を獲得することができます。

入社年で万を超え、代で万超えがいくらでもいる高給企業です。

.日本企業にして実力主義無駄な飲み会・年功序列は一切なし

キーエンスは効率性を重視する企業カルチャーであるため、日本企業にありがちな年功序列や無駄な飲み会、無意味な研修の強制はまずありません。

年齢や経験に関係なく、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける