外資系投資銀行で解雇される人の3パターンと、解雇後の対応3パターンとは?

外資系投資銀行で解雇される人の3パターンと、解雇後の対応3パターンとは?

外資金融は好況時も不況時も、常に解雇とは隣り合わせの特殊な職場です。特に2020年のように”実体経済の景気後退局面での株高”が続き方向感が見えない環境ですと、年末のボーナスシーズン前に大ナタを振るう投資銀行が続出するもの。特に米大統領選が終われば相場が一服するため、これまで無理矢理中央銀行がお金を擦って資産を買い上げるという不健全な相場は、早晩終わることでしょう。そしてある日突然、上司に日頃使わないフロアでのミーティングを入れられたが最後、いよいよ年貢の納め時です。さぁ貴方は、どう振舞いますか?

外資系投資銀行で解雇される人のパターンと、解雇後の対応パターンとは?

年初頭に、クレディスイス証券の営業の方が解雇された法廷闘争に関し、なんと不当解雇判定が下り、これまでの給料と解雇無効が命じられました。

これは、「...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング