就活にエントリー段階で失敗するエントリーシート/職務経歴書4大パターンとは!?

就活にエントリー段階で失敗するエントリーシート/職務経歴書4大パターンとは!?

コンサルでエントリーシートで失敗落とされる方は少なくないでしょう。そんなエントリーシートの典型的な4大失敗ポイントとは、①エピソード多すぎて的を絞れない ②課題に対する答えがなかなか出てこない ③抽象的で空虚なポイントが羅列されるが、裏打ちとなる具体的経験がない、そして④大ぼら吹いているのが一発でバレている、の4点です。エントリーシートは基本的に、面接で深堀してほしい”餌”を巻いておくことが戦略的に重要です。

就活にエントリー段階で失敗するエントリーシート/職務経歴書4大パターンとは!?

東京大学教養学部 Sさんより質問

夏のインターン応募においてエントリーシートで落ちた会社があったのだが、それはエピソードのレベル自体が低いのか、または表現力の問題なのかどちらだと考えますか

講師からの回答

エントリーシートの中身を見れていないのでわからないのですが、エントリーシートの典型的な失敗パターンを記します。なおこれは中途転職の方にとっての、職務経歴書を書く時の留意点と共通しています。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける