プロクターアンドギャンブル~マーケティング学んで30前に転職するならP&G?

プロクターアンドギャンブル~マーケティング学んで30前に転職するならP&G?

マーケティングを学びたい人にとって世界的に最も人気のある多国籍企業、P&G。外資系にしては珍しく生え抜き主義で、人材研修も盛んです。若手社員への裁量及び責任の大きさでも知られる反面、人材の回転率が高いことでも知られるP&Gですが、どのような人材が向いているのでしょうか?当サイトに訪れる方の属性を鑑み、以下ではP&Gのマーケティング部門に関した解説に特化します。

P&Gへの就活と転職を考えるときに知るべき大ポイントとは?

.マーケティングキャリアを歩むなら、P&Gが最高の選択肢の一つ

マーケティングを学ぶならMBAに行くよりもP&Gといわれるくらい、マーケティングを学ぶ機会が豊富です。

過去の実例や直近で効果的なフレームワークなど、数多くのツール(および予算)を有しています。

予算も大きく、海外オフィスで複数の市場を任されれば国別、民族別のマーケティングを学べたりと、マーケティングキャリアを歩みたい人には格別の就労・学習環境を提供してくれます。

.若手の成長カーブが大きい裁量権の大きさ

入社一年目から裁量と責任の大きさで知られており、代で数百億円の予算に責任を持つことができます。

将来他社の経営陣を担うにしても、自分で起業するにしても、ブランドなりのPLに責任をもつ経験はこの年齢でそうできるものではありません。

カルチャーとしてはLeadership, Ownership, Passion to Win, Trust, Integrityを重視しています。...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける