株価の議論なんて私できません!?「コンサルからバイサイドの資産運用会社転職」

株価の議論なんて私できません!?「コンサルからバイサイドの資産運用会社転職」

バイサイドの金融機関の面接では、市場コンセンサスと貴方の予測の違いに関し、株価に影響を大きく与えるポイントを簡潔に論じましょう。なおPLのみならず、BS, CFに関しても論じましょう。

私は戦略コンサル出身で、その後大手通信会社の戦略企画室にいました。
現在MBAの二年で来年からバイサイドの金融機関を目指しています。

面接では株式投資のケース面接が出ると聞いていますが、私は金融機関や株式投資の経験がなく、勘所が掴めません。どのようなポイントに気をつければよいでしょうか。

講師による回答:端的に市場コンセンサスとの違いを、株価に大きな影響を与えるファクターにつなげて述べよ

コンサル出身が気をつけなければならないのは、お仕事柄癖になっている200ページの大レポートをイメージしながら、フレームワークがぶつぶつ、、、とか言ってる場合ではないということだ。

株式投資のアイデアを論じるときは端的に、自分の予測と市場コンセンサスの差を①経営環境のマクロ ②戦略・行動評価 ③それが業績として財務諸表にどう反映されるか
を話さなければならない。

資産運用業界では一社あたりのレポートは所詮数ページ、踏まえるべきポイントも以下のポイントに凝縮されるので参考にして欲しい。

1.その会社の業績を左右する基本的な経営環境はどうか。

例えばオイル採掘エンジニア会社ならば、オイル価格の動向で将来の業績が大いに左右されるし、日本全国で展開する大手小売ならば日本経済の消費動向が問題となってくる。

銀行ならばイールドカーブの動向が重要だし、海運なら輸送レートの先行きが気になるところだろう。

収益が二桁で伸びると分かっていても、その企業がおかれる経営環境の勢いが悪化すると見られれば、利益関係なく関係セクターの株は売り浴びせられる。

ファンダメンタルだけみていればよかったコンサル時代と異なり、バリュエーションに影響を与えるそのセクターのマクロ環境について方向感を持っていなければならない。

2.PL,BS,CFの財務諸表について議論しておかなければならない。

まずファンダメンタルに関して言えば、ROEは拡大するのか縮小するのか。
それは資産回転率、マージン、レバレッジのどの要素が肝心になってくるのか。

いちいちデュポン分析しなくても、例えばトップラインはどれくらい伸びるのか、マージンはどれくらい拡大/縮小するのかくらいは感覚値を持っておきたい。

3.あなたの予測が世間一般のコンセンサスとどのようにかけ離れているのか

これが重要である。
世の中の予測とあなたの予測が一緒なら、別に貴方の判断がマーケットに勝てる要因にはならない

ただこれらの議論が重要になるのは、株価がEarningで動く株に関してのみである。
どういうことかというと、 世の中の株にはアーニングの何倍、みたいな形で動く株と、アーニング関係なく、前出の経営環境のIndicatorがどのように動くかで、アーニングに関係なく連動する株も多い。

理不尽な話なのだが、資源株は資源価格に、不動産株は不動産価格動向に、というよりその動向に対する期待によって株が乱高下するものなのだ。

よってあなたが例えば資源関係の株について議論するなら、なぜ世の中の観測よりあなたのオイル価格への予想、亜鉛価格への予想があたるのかを説得力もって説明する必要がある。

世の中のコンセンサスより利益が10%高い、、、とかいうノンビリしたことをいってる場合ではないのだ。

ただし総じてそんなもの予測できるわけ無いので、もっともな理由をいって、これらの株に手を出さないように薦めるのも一つの議論だ、、、というか私ならそうする。

PLのみならず、バランスシートとキャッシュフローのポイントも論じる準備を

さて、話を戻すが、総じてPL(つまり、売り上げおよびマージンの動向) BS(つまり、主にネットデットが時価総額に比してどんな水準か。
もしくはネットキャッシュが時価総額に対してどんな水準か)、そしてキャッシュフロー(主に追加資金調達がエクイティで起こらないかどうか、今後の設備投資計画など資金需要がデットで調達するのか、それとも公募増資を考える可能性があるのか、また株主への配当、自社株買いなどの還元プランなど)をチェックして、投資へのキャッシュリターンを考える。

、、、など等と、バイサイドでの面接で出される株式投資ケース面接はいくつかの抑えるべきポイントがあるわけだが、より詳細な内容は、当サイトの無料質問フォームなどで、strong careerで担当の講師と直接議論してみてほしい。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69