外資系資産運用会社へ転職の3大面接ポイント~ポストコンサルキャリア実例

外資系資産運用会社へ転職の3大面接ポイント~ポストコンサルキャリア実例

コンサルは意外と、財務諸表が読めなかったりするものです。バイサイドの金融機関の面接では、市場コンセンサスと貴方の予測の違いに関し、株価に影響を大きく与えるポイントを簡潔に論じましょう。なおPLのみならず、BS, CFに関しても論じましょう。

外資系資産運用会社へ転職の3大面接ポイント~ポストコンサルキャリア実例

私は戦略コンサル出身で、その後大手通信会社の戦略企画室にいました。
現在MBAの二年で来年からバイサイドの金融機関を目指しています。

面接では株式投資のケース面接が出ると聞いていますが、私は金融機関や株式投資の経験がなく、勘所が掴めません。どのようなポイントに気をつければよいでしょうか。

講師による回答:端的に市場コンセンサスとの違いを、株価に大きな影響を与えるファクターにつなげて述べよ

コンサル出身が気をつけなければならないのはまずもって、お仕事柄癖になっている200ページの大レポートをイメージしながら、フレームワークがぶつぶつ、、、とか言ってる場合ではないということだ。

ファンダメンタル分析を生業とするバイサイドファームへの転職を志すとき、株式投資のアイデアを論じるときは端的に、自分の予測と市場コンセンサスの差を①経営環境のマクロ ②戦略・行動評価 ③それが業績として財務諸表にどう反映されるか
を話さなければならない。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

ストロングキャリアはハイエンド・プロフェッショナル人材特化型キャリアサイトで、(株)ディープキャリア (有料職業紹介事業許可番号 13-ユ-312610) により運営されています。前身の「外資系戦略コンサル投資銀行面接対策セミナー」設立の2002年以降20年にわたり、現役のプライベートエクイティ、戦略コンサル、投資銀行等のプロフェッショナルが、実に1万人以上の皆様にキャリアコーチング/面接対策及び、LBOモデル・バリエーション研修など実践的な研修を提供して参りました。弊社では個人の適正とビジョンを見極めた上で、ハイクラス・厳選求人案件をご紹介しております。以下では僅か2ページ・所要3分の会員登録で、数千頁を超える会員コンテンツを御覧頂けます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング