>
プライベートエクイティ転職

「プライベートエクイティ転職」記事一覧

PEファンド転職者前職の3大パターンとは??
PEファンド転職者前職の3大パターンとは??
プライベートエクイティ転職ケース:アクセンチュア、デロイト、PWCなどの総合コンサル(人事・組織領域)からPEファームへ転職するには、どうすれば良いのか。トップティアとサードティアでアプローチは変わりますが、投資銀行・コンサルのトップファームか、トップMBA(前職も重要)、ないし小規模ファーム直談判というルートが挙げられます。
日本のプライベートエクイティ転職3大条件:PEに向いている人とは?
日本のプライベートエクイティ転職3大条件:PEに向いている人とは?
日本のプライベートエクイティファンドに転職して活躍する人の適性の3大条件をまとめました。
プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ
プライベートエクイティ転職:いきなり売上5年分確定、というPEビジネスを知れ
プライベートエクイティファンドは、ファンド総額に対し2%前後のマネジメントフィーを毎年徴収します。投資期間の5年間は2%程度、その後の回収機関の5年間は年間1%程度が一般的ですが、ファンドサイズが大きくなるにしたがって、フィー%は低下傾向にあります。以下、長年大手PEファームに勤める講師からの寄稿です。
プライベートエクイティ転職の適正~アウトソースの鬼と”ふてぶてしい人”が勝つ!
プライベートエクイティ転職の適正~アウトソースの鬼と”ふてぶてしい人”が勝つ!
PEファンドが今一番ほしい人材の「本質的な資質」とは、一体なんであろうか。Strong Career編集チームメンバーが前職で勤めていた某大手PEファンドの創業オーナー社長が口酸っぱくいっていた「PE投資家の資質」について、解説する。
プライベートエクイティ転職成功者の前職3大パターン&面接で絶対に見られる事は?
プライベートエクイティ転職成功者の前職3大パターン&面接で絶対に見られる事は?
投資銀行や戦略コンサル出身者のみならず、FAS系コンサルや弁護士、会計士などの仕業の方々まで、多くの優秀なプロフェッショナルが転職を志望するプライベートエクイティ業界。狭き門で有名なPE業界ですが、実はコンサルや投資銀行以外からも未経験でPE転職に成功されるパターンがあります。しかしながらどのようなルートでPE面接に挑んでも、PE面接で見られていることは基本的に共通しています。以下ではPE転職者のパターンと、「見られるポイントを一言でいえばどういうことなのか」を、解説いたします。
PE(プライベートエクイティ)給料・ボーナス・年収の実態
PE(プライベートエクイティ)給料・ボーナス・年収の実態
プライベートエクイティファンドの給料・ボーナス・年収の実態を解説します。
プライベートエクイティ転職者の転職先:PEファンド転職後のさらなる転職先とは?
プライベートエクイティ転職者の転職先:PEファンド転職後のさらなる転職先とは?
プライベートエクイティ転職後の転職生活は、実に多様です。近年ではスタートアップへの転身や起業が増えています。
未経験者がプライベートエクイティファンドに転職してビックリな4大ポイントとは?
未経験者がプライベートエクイティファンドに転職してビックリな4大ポイントとは?
プライベートエクイティファンドに未経験者が入ると、PE業界内部では当たり前とされている、驚きの連続です。PE業界内部のコミニュケーションマナーや、ビジネスモデルの「コミットメントサイズ」に対して2%も毎年フィーを請求する業界慣行、投資委員会での判断基準や、コントロールプレミアムの考え方など、投資ファンドビジネスの実態に関し驚きつつも開眼するポイントが多いものです。以下に解説致します。
ヤバキャリア「銀行員」のコンサル・外資金融・プライベートエクイ転職の実態とは?
ヤバキャリア「銀行員」のコンサル・外資金融・プライベートエクイ転職の実態とは?
銀行業界が直面する不況は、従来のようなイールドカーブのサイクルでもなく、また不良債権でバランスシートが痛んでいるわけでもありません。政府の強烈な支援とキャッシュじゃぶじゃぶ状態が続いたにも関わらず、ビジネスモデルの多くが立ちいかなくなった構造不況に迅速に対応できませんでした。しかも、より必要な若手採用を減らし、結果的に「しがみつく働かない高齢バンカー」比率が高まっています。仮にあなたが銀行にあと20年しがみつけない年齢だとしたら、動くのは、これ以上大量の銀行退職者が市場に溢れ返る前の、イマです
プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ
プライベートエクイティ転職の本質:面倒な仕事を全てアウトソース」する仕事へ
プライドがエベレスト級に高い社会不適合者が多かった米国大手法律事務所勤務。面倒くさすぎる仕事の数々が4年続いた後、私はとある決心をした。「面倒くさい仕事は全部アウトソースできる、プライベートエクイティファンドに転職しよう」実際に私の親族もPE業界で働いており、どう見ても暇そうに見えるが稼いでいた。なによりあの「面倒くさがり」の兄でも務まるのだから、よっぽど「面倒な仕事」は全部アウトソースできるに違いない。以下ではPE業界未経験者だった私が、著名PEファームに転職して学んだ教訓を解説していきます。
プライベートエクイティ転載実話②:面接対策より重要な自己分析
プライベートエクイティ転載実話②:面接対策より重要な自己分析
「なにか魔法のような秘策があるに違いない。」いざプライベートエクイティ転職を思い立ったものの、未公開株投資未経験の私には、そもそもどこから始めたらよいのかわからない。ここで私は、プライベートエクイティ転職を志す人々が陥る典型的な罠にはまっていた。
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69