外資系投資銀行で求められる人材の資質10大パターンとは?

外資系投資銀行で求められる人材の資質10大パターンとは?

一時の人気は一段落したとはいえ、いまだに多くの優秀な若者が押し寄せる、外資系金融機関。しかしながら、多くの先輩がいとも簡単に解雇され、資本市場の星屑として散っていった話を大半の方がご存じなことでしょう。そんな時、どんな人なら外資金融に向いているのか、知っておきたいものです。以下では外資系金融機関の投資銀行部門など、適性のある人材の10大ポイントを記載します。

外資系投資銀行で求められる人材の資質10大パターンとは?

京都大学大学院 経営管理教育部YMさんより質問

投資銀行に関して、各部門での、求められる素質や向いている人材を教えてください。

投資銀行で求められる人材に重要なのは、信頼・正確さ・集中力・責任感・コミニュケーション能力・知的好奇心

ジュニアとシニアでは求められるものが大きく異なりますが、新卒の方からのご質問であることを鑑み、ジュニアとしての資質について書きたいと思います。まず全ての部門に共通して言えるのは、①信頼、②正確さ、③集中力、④責任感、⑤コミニュケーション能力、また⑥そもそも金融が好きかどうか、少なくとも”毎日新しいことを経済・金融をテーマに学ぶことが好きか”という、そもそものフィットが、長続きには重要でしょう。

また何といっても、”私はインベストメントバンカーだ!”などと、ジュニア一年目なのにゆめゆめ偉そうな勘違いをなさることなく、⑦謙虚で可愛げがあることが大切です。上司、同僚、部下、セクレタリー、顧客...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける