戦略コンサルと投資銀行の、シンプルすぎる、たった2つの本質的違いとは?

戦略コンサルと投資銀行の、シンプルすぎる、たった2つの本質的違いとは?

金融面を担うコンサルはどのような役割・業務を行うのでしょうか。投資銀行との違いはなんでしょう。本質的にはビジネスモデルの違いに関連付けられます。金融機関は買収やトレード実行に対してフィーを得ますが、コンサルは時間チャージです。したがって、その案件に投資すべきかどうかや、投資した後にどう価値を上げるかは、コンサルの仕事です。また根本的には、株主が客なのか、事業会社が客なのかという違いも指摘できるでしょう。

京都大学大学院

金融面も手がけるコンサルファームでは、どのような業務を行うのでしょうか。投資銀行と同じような業務も行っているのですか。

講師からの回答

コンサルは投資前のデューディリジェンスや、ポスト・マージャー・インテグレーションが多いです。

投資銀行と同じような業務を行っているか否かを聞かれているということは、”コンサルに入っても金融機関に入るのと同じような経験・勉強ができるのか”というのが本質的なご関心事項かと思いますが、その違いの本質は、ビジネスモデルの違いに求められるといえるでしょう。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける