コンサルティング業界の仕事はきついが、コンサルになるには過度の心配は無用!

コンサルティング業界の仕事はきついが、コンサルになるには過度の心配は無用!

コンサルという仕事への就職・転職は、自分のキャリアにとって、どのような位置づけになるのでしょうか?基本的には激務だからこその「基礎体力強化期間」であり、好きな仕事に絞る前のモラトリアム期間としてコンサルを経験する方が多いのですが、リスクはいつまでもモラトリアム期間で基礎体力ばかり強化してしまうケースです。長居しすぎると、コンサルの特殊な立ち位置での成長カーブが鈍化し、視野が意外と狭まることもあります。しかしそれでも、コンサル生活を後悔するより、十分学んだと前向きの転職をする人のほうが多いです。

コンサルティング業界の仕事はきついが、コンサルになるには過度の心配は無用!

東京工業大学 Hさんより質問

進路に関して不安に思うのが、コンサルティング志望ではあるが、その職業が自分のキャリアとしてどういった位置づけになるのか?ということです。

もちろん自立したビジネスパーソンになりたいということと、社会でファシリテーターとして活躍し、様々な業務の知見を得たいという目的がありますが、変化が激しい社会状況で、そういった立ち居地を維持していくことの動機がどこまで続くのかということは志望する中での悩みです。

また、コンサルティング業界には、新卒からも、中途採用からも採ることもあり、一つの職業をある種専門的に何年間かやられた方が入ってきて、活躍しているという現状も鑑みると、✔新卒として、この業界に入って、どれほどの業績をあげられるかという不安があります。

また、✔自分の視野を広げる手段をどのように構築していくのかというノウハウ面の心配
も強いです。

コンサルは自分のキャリアの「モラトリアム」「基礎体力強化期間」という位置づけが多い

いい質問である。コンサルは総じて汎用性が広いスキルを学ぶので(知識ではなく考え方やプロジェクトの進め方を学ぶため)、キャリアの”基礎体力強化期間”という位置づけかつ、”何をやりたいか絞るためのモラトリアム期間”という位置づけになることが多い。

一つ目の「様々な業界の知見を得ながらファシリテーターとして活躍するという立ち位置でのモティベーション継続期間」だが、端的に答えれば、その動機が続かなくなるから、ないし知見を得るだけでなく実行したいという動機が生じるため、数年で転職する人が多いといえよう。

ただ転職と言ってもコンサルトップファームで若手時代数年過...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける