心配・不安だらけ!「コンサルの特殊な立ち位置」で、動機が長続きしなくて転職?

心配・不安だらけ!「コンサルの特殊な立ち位置」で、動機が長続きしなくて転職?

コンサルの特殊な立ち位置から、職業への動機を継続できるか、また新卒で入ってどれほど業績を上げられるかという不安に答えます。

東京工業大学 Hさんより質問

進路に関して不安に思うのが、コンサルティング志望ではあるが、その職業が自分のキャリアとしてどういった位置づけになるのか?ということです。

もちろん自立したビジネスパーソンになりたいということと、社会でファシリテーターとして活躍し、様々な業務の知見を得たいという目的がありますが、変化が激しい社会状況で、そういった立ち居地を維持していくことの動機がどこまで続くのかということは志望する中での悩みです。

また、コンサルティング業界には、新卒からも、中途採用からも採ることもあり、一つの職業をある種専門的に何年間かやられた方が入ってきて、活躍しているという現状も鑑みると、新卒として、この業界に入って、どれほどの業績をあげられるかという不安と、自分の視野を広げる手段をどのように構築していくのかというノウハウ面の心配があります。

講師による回答

いい質問である。端的に答えれば、その動機が続かなくなるから、ないし知見を得るだけでなく実行したい(結局、実行しないと真に実践的な、血となり肉となりアクションに繋がるレベルの知になりにくいため)という動機が生じるため、数年で転職する人が多いといえよう。

二つ目の質問だが、入社直後の新卒の役割は中途で入ってくる人と違うのでご心配なさらず。様々な産業を最初の数年は経験できるので視野は広がるが、その後ジェネラリストパスか、産業特化型に大規模戦略ファームであればキャリアパスがわかれることが多い。

なお東京工業大学という生真面目な人が多い大学の性格が出ているのか、あなたは極めて心配性で、不安と心配をし過ぎである。別にコンサルに数年入って”えらいことになってしまった!”みたいな人はほぼいないので、まず肩の力を抜いていただきたい。

コンサルの立ち位置の変化

よく言われるのが、”コンサルは実行に回れないし、利益に対する責任もないし、その痛みや努力、実務的な泥臭さを経験できないし、あくまで他人事であるため、時には自己満足のレポートで終わる”というものだ。

また身につけた知識が、“いざ自分でやれといわれたら、実行のスキルは自分にあるのか、、、”という不安につながったりもする。

また予算に対する最終的決定権もなく、給与的にも新卒時は相対的に高くても、35とかになれば商社の方が高い、という心配を持つ方もいらっしゃるのではないか。

しかしご心配なく。これらは2000年代初頭の戦略コンサル勃興期のお話であり、いまや常駐でクライアント側の名刺もって中にはいってガリゴリ実行側にも回る”こう旧人材派遣業”化しているところもある。

また中にはさらに踏み込んで、クライアントが実行の約束を契約書でサインしないとコンサルプロジェクトを引き受けず、おまけに生じた利益の数%をフィーとしてもらうという利益リンク型のコンサルに移行しているところも出てきている。(ただ確かに大半は、戦略一緒に考えてレポート渡すのが仕事ではあるが。)

「コンサル特有の立ち位置」が自分にフィットしている人が、長らく居続ける

逆にこの“特殊な立ち位置”にはまっている人もいる。
例えばコンサルのようにいろんな企業を回って、問題点見つけて相談に乗って、、、みたいな仕事を“中国の戦国時代の諸子百家みたいで、俺にあっている”と仰る某大手米系ファームのパートナー(最近ライバル会社に転籍)もいる。

私のコンサルの同期でも、とっととコンサルをやめた人もいれば、まだまだコンサルは奥深く、追求したいものがある、として遣り甲斐を感じ居残る人もいる。

何か当たり前の回答で恐縮だが、どんなワークスタイルを好むのか、貴方の価値観次第だといえよう。

新卒ではなく中途でコンサル転職した方がいい?というのは杞憂

ちなみに付け加えておきたいのは、もちろん中途で入って活躍される方もいるが、中途で入っても全然活躍してない方もいらっしゃるということだ。

総じていえるのだが、コンサルは一人で何でもかんでもバリューを出すのではなく、知見のある人を探し、集め、統合し、チームワークをつかさどって総合的に価値を出すのだ。

よってあなたに特定の分野で経験が無くても、総合的に価値のあるプロジェクトを運営することは不可能ではない、と付け加えておこう。

なお末筆ながら、今時”ずっと動機が続かなかったらどうしよう、、、”などと心配し過ぎる必要はない。むしろ数年単位で”いま一番強いモティベーションを感じること”に挑戦し、その挑戦の後で見えてきた新たな景色で、その時点で新たに最強のモティベーションを感じる分野にチャレンジすればよいのである。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー


\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69