プライベートエクイティ業務への適正~PE転職後は良い意味でふてぶてしい人が勝つ

プライベートエクイティ業務への適正~PE転職後は良い意味でふてぶてしい人が勝つ

プライベートエクイティ業界への転職を考える時、プライベートエクイティ業務への適性とはどのようなものなのかを理解している必要があります。では、日本のプライベートエクイティファンドが今一番ほしい人材の「本質的な資質」とは、一体どのようなものなのでしょうか?現役のPEプロフェッショナルであるStrong Career講師が、前職で勤めていた某大手PEファンドの創業オーナー社長が口酸っぱくいっていた「PE投資家の資質」について、解説します。

プライベートエクイティ業務への適正PE転職後は良い意味でふてぶてしい人が勝つ

世の中には、面接が得意なひとはたくさんいる。

同時に、面接ではそこまでぱっとしなかった、もしくはちょっと心配だったが、いざチームにjoinしてみると、長けた能力と仕事への姿勢で、すごいパフォーマンスを発揮するひともいる。

もちろん面接で「NG」判断が下れば念願の会社には入れないし、だからこそ面接対策は重要である。

しかし一旦入社したあとは、「本質的にその会社に必要とされる人材」でないと、出世も年収アップも望めず、社内で評価もされないうちにモチベーションも落ち、互いに不幸になるのは明らかだ。

プライベートエクイティ業界で必要とされる、本質的な資質とは?

では、幅広い年齢層のコンサル・投資銀行出身者が転職を目指すPEファンドが一番ほしい人材の「本質的な資質」とは、一体なんであろうか。

この問いに対し、Strong Career編集チームメンバーが前職で勤めていた某大手PEファンドの創業オーナー社長は、こう答える:「ふてぶてしい人がほしい。」

これの趣旨はつまりこういうことである。...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング