コンサル転職:コンサル退職理由〜BCGからプライベートエクイティへ転職

コンサル転職:コンサル退職理由〜BCGからプライベートエクイティへ転職

コンサル転職後の、コンサル退職理由のパターンを紹介します。最近、数年前に外資セミナーを通じてボストンコンサルティンググループに入った人で、現在某欧州オフィスで働いているコンサルタントから資産運用会社への転職相談を受けたので、その概要を共有したいと思います。

コンサルからの転職事例:トップファームBCGからの転職

東京、ソウル、上海、パリ、そして現在働いている某欧州オフィス、と各国のプロジェクト及び勤務地トランスファーを経て様々なコンサルティングケースを担当したAさん。

彼は某ハイテクメーカーのコストカットや小売の中国進出ケース、某自動車メーカーの○×進出プロジェクトなどを経験した後、大手プライベートエクイティファンドに転職が決まりました。

なおプライベートエクイティファンドへの転職時も外資セミナーを利用され、当セミナーを通じて二度、転職されたことになります。

あれほど苦労して入った超人気難関トップファーム、BCGを辞めたがるのは果たしてどのような理由なのでしょうか。これはBCG固有の問題というより戦略コンサルという仕事特有の問題です。

コンサルからの転職理由①:コンサルという名の高級派遣業

まずトップファームといえども、企業の命運を左右するような全社プロジェクトを社長と共に行っている……というケースはあまりありません。

大半は事業部長クラスからの発注であり、コンサルティングというより調査モノ、インタビューしたことをまとめただけというような、”あまり経営を変革しているとは思えない”プロジェクトが多いことに気づき転職を志すケースが多いものです。やはりサービス業である以上、発注者の意向に沿った提案書にならざるを得ないのです。

また最近のニューズピックスの記事にもありましたが、コンサル業界も業態が変化し、多くのファームで「高級派遣業」化しており、多様な業種や企業のプロジェクトに参画するというより、一つの会社に長年張り付くケースも多くなり、当初のイメージとかけ離れてきた、という理由を上げる人も少なくありません。 

なお、だからこそクライアント企業の中に入り込んで、当初はコンサルに反発を抱いている現場の方々を巻き込み、モティベーションを高めて最後は自分を応援してもらう、といった人間関係をつくれる人は、コンサル転職後にさらにプライベートエクイティに転職し、組織のバリューアップなどでも貢献することが多いです。

常駐型のプロジェクトは苦労もひとしおですが、コンサルファーム在籍中に積極的に経験されることをお勧めいたします。

コンサルからの転職理由②:過酷な勤務時間

次に、東京オフィスでの過酷な勤務時間があげられます。これはニューヨークやロンドンオフィスにトランスファーすると分かるのですが、欧米の同僚は結構なライフワークバランスを享受しており、7時や8時には大半のコンサルタントが帰宅しているのです。

趣味のワインクラスや お料理学校、タンゴレッスンを楽しむ同僚も多いですし、フランスや北欧の同僚などはうわさ通り、一ヶ月以上のとんでもなく長い夏休みをとっていたりします。

これに対し外資とはいえ所詮日本カルチャーに根ざした東京オフィス、とにかく仕事があろうが無かろうが、上司が24時まで帰らなければ一緒にオフィスにへばりついているし、土曜だろうが日曜だろうが平気で出社を求められることも多く、30歳にもなると気力がついていかなくなります。

最近は各社の優秀な若手コンサルタントを囲い込むために、プロジェクトの間なのにどう見てもバカンスのような出張に行かせて休ませるケースもあると聞きますが(しかもMBBの一角のトップファームの話)、それでもロンドンオフィスで7時とか8時に皆帰宅しているのに、日本オフィスだけまだまだハードコアで、ワークライフバランスが相当厳しいのです。

ただし、10年前のコンサルファームがまだ少数精鋭採用であった時代に比べ産業自体がかなり大きくなり、特に2018年現在では景気回復局面で企業業績が過去最高を更新しており、予算消化のためにコンサルプロジェクトの発注が急増しており、各社人材不足に悩む中で、多少労働環境は改善していることを付け加えておきます。

コンサルからの転職理由③:コンサルは辞め時が重要

なお、コンサルは辞め時の判断が非常に重要です。まず専門性や経営力に対する不安を抱く人も多いものですが、これは3ヶ月や6ヶ月単位でプロジェクトが変わるため、産業を幅広く見れる反面、深く一つの業種や経営ファンクションのエキスパートになるには経験的な浅さが否めない点があります。

加えて所詮、長大な資料のプレゼンに終始し(最近はエクセキューションのお手伝いプロジェクトも増えていますが)、取締り役会で発言権があるわけでも決定権があるわけでもないので、実際”経営にインパクトを与えてる感の欠如”から、経営権を握れるプライベートエクイティや事業会社のマネジメントに転進する人も多いものです。

なお、コンサルを3年ほど経験して年齢が30前ですと、コンサル後の転職の幅は大きく広がっています。これに対し、コンサルに長居しすぎて、40とかになってコンサルから転職しても、せっかくのコンサル転職組であるにもかかわらず、転職の幅はぐっと縮まってしまっていることを覚悟しましょう。

トップティアのコンサルティングファームは入るのも難しいですが、コンサルのスキル自体は数年で上昇が飽和していきます。

よってコンサルは、自主的に辞めるタイミングの見極めも非常に重要なのだと思います。(コンサル転職後の人気職・プライベートエクイティも、30中盤で未経験だと俄然、転職が難しくなります。)

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69