コンサル・外資金融、志望動機など無い!!~だがしかし考えるべき3大理由とは?

コンサル・外資金融、志望動機など無い!!~だがしかし考えるべき3大理由とは?

あらゆる業界・企業の面接で100%聞かれる志望動機。逆に、志望動機を聞かれない面接って、「この会社はどうなっとるんだ」と、ビビりますよね。志望動機が重要なのは、まず絶対聞かれるからと、それが他の面接質問回答の要になるからと、かつ正直な志望動機は自分と本音で向き合うことになるからです。しかしながら、面接でどこまで本当の志望動機を言ってよいのか、という疑問もつきものです。こんな「面接での志望動機」を巡る問に、答えます。

東京大学 教養学部 Sさんより質問

投資銀行や戦略コンサルの本音として、学生の志望動機の中身とかはどれほど重要なのですか?

講師による回答:志望動機が固まると、他の面接の応答が定まらない

面接官によりけりですが、総じて面接において、極めて重要な位置を占めます。

まず第一に、大半の面接で志望動機は聞かれます。面接が30分なら10分志望動機はなすだけで、面接の3分の1は終わります。つまり志望動機対策は、面接対策の重要な部分を占めるのです。

第二に、志望動機は全ての面接問答の要です。志望動機が固まらないと、10年後のビジョン、強み・弱み、他にどの会社を受けていますか、などの典型的な質問に、整合性をもって答えられないはずです。

志望動機を固めないと、他の質問への回答も、固められないのです。(整合性を無視して四方八方になんでもかんでも言うことはできるのですが)

そして第三に...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム