三井物産よ、さらば~三井物産からの転職志望者が殺到する7大理由とは?

三井物産よ、さらば~三井物産からの転職志望者が殺到する7大理由とは?

「人の三井」といわれる三井物産ですが、実はそう呼んでいるのは三井物産だけという説もチラホラ。総合商社のトップ企業の一角として伝統的に優秀なビジネスパーソンを引き付けてきましたが、それが外銀・コンサルに奪われたのち、今ではスタートアップなどにも人材流出。向上心旺盛な若手人材の流出が続いています。他方で、三井物産でのキャリアが幸せな人ももちろん存在します。その差はどこにあるのか、以下に解説します。

「人の三井」というより、「資源の三井」?若手が退職する理由と、それでも三井物産で働く人を分ける、つのポイントとは?

.海外で働く機会が多い

総合商社に共通する特徴ですが、キャリアの早い段階で、周囲の覚えがめでたく英語もある程度できれば、海外赴任することができます。

海外志向の強い人にとって、若手の時代は相対的に魅力的な機会を提供します。

.国内での強いブランドと資金力

資源ビジネスで稼いだ潤沢なキャッシュと国内最高峰の会社ブランドネームで、仮に個人の力が大したことなくても、規模の大きなビジネスをすることができます。

これはひとえに国と近く資金力があり、参入障壁の高い資源ビジネスで海外利権を多数確保していることに由来します。

.差がつかないが、高い給与水準

和をもって貴しとする日本文化の典型的な発露で、総合商社は総じてパフォーマンスにほぼ関係なく、同じような高給が支給されます。

前半で万に達し、海外駐在時は駐在手当や税金優遇などでこれに万上乗せのイメージです。

.代以降の解雇されない窓際族の多さ

高い給与水準を得ているものの、働かない高齢社員が多いため、「...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける