コンサル面接で”言ってはいけない弱み”~面接で言う弱みが、ガチで弱すぎる!!?

コンサル面接で”言ってはいけない弱み”~面接で言う弱みが、ガチで弱すぎる!!?

コンサル面接でよく聞かれる「あなたの弱みはなんですか?」。どう答えるべきか、悩んでいませんか?ここで本当に「最弱の欠点」を言ってしまってはいけません。かといって、白々しい”強みの裏返し”も、すぐに見破られます。ちなみに最も嫌がられる余計なお世話が、「あなたの弱みは何ですか?」という逆質問。これは面接官への「コンサルとしてのキャリアプランは何ですか?」という逆質問並みに、ヤバすぎる面接失敗例と言えるでしょう。

コンサル面接で”言ってはいけない弱み”~面接で言う弱みが、ガチで弱すぎる!!?

コンサル転職の面接で”弱み”を聞かれることもよくあります。そのとき、皆さんはどのようにこたえられていますか?

「コンサル面接で聞かれるあなたの弱み」対策、3つの原則

基本的なコンサル面接のルールとして
1.自分の弱みを把握しているという自己認識に対する成熟さを見せ、
2. かといってコンサルをする上での決定的な弱みは言わず、
3.裏を返せば強みになっている


この3つの原則を意識しましょう。(もちろん、正直に自分と向き合い、本当の自分を知り、それを誠実に説明する姿勢が必要なのは言うに及ばずです。)

弱みがないと言われればその人の自己認識や成熟度が疑われます。
かといって✔「頑張りすぎてしまうことです」✔「他人の分も仕事をしてしまうことです」✔「面倒を見すぎて、自分を犠牲にしてしまうことです」というのも、新卒時代と...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける