プライベートエクイティ転職成功者の前職3大パターン&面接で絶対に見られる事は?

プライベートエクイティ転職成功者の前職3大パターン&面接で絶対に見られる事は?

投資銀行や戦略コンサル出身者のみならず、FAS系コンサルや弁護士、会計士などの仕業の方々まで、多くの優秀なプロフェッショナルが転職を志望するプライベートエクイティ業界。狭き門で有名なPE業界ですが、実はコンサルや投資銀行以外からも未経験でPE転職に成功されるパターンがあります。しかしながらどのようなルートでPE面接に挑んでも、PE面接で見られていることは基本的に共通しています。以下ではPE転職者のパターンと、「見られるポイントを一言でいえばどういうことなのか」を、解説いたします。

プライベートエクイティ採用の現場より転職者の特長分析

プライベートエクイティの仕事内容を分解すると、投資銀行のMAチーム的な側面と、経営コンサルによるオペレーショナルバリューアップの側面、また弁護士による契約・交渉・エクセキュ―ションの側面があります。

このような連関性から、プライベートエクイティファンドに採用される人は御存じのように、第一にコンサル・投資銀行MA部門上がりです。

MBBといったコンサルトップファームで活躍し(単にいただけではなく、活躍したスター選手であることが多い)、ないしゴールドマンサックスなど投資銀行のMA部門で、同期の花だったような人、他には大手弁護士事務所出身の弁護士だったり、というパターンが多いです。


第二に、他の独立系プライベートエクイティファンドからの転職ケースもあります。

ただし他のPEファンドから採用するのは、実はパートナー同士が遠慮して嫌がったりします。


というのもこの業界は人間関係が密接で、時に競合だが時に共同投資家、時に投資先を他のファンドに売ったりと、関係を一部でこじらせると、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム