知ってるつもり!?コンサルファームは何故上場しないのか~3大理由

知ってるつもり!?コンサルファームは何故上場しないのか~3大理由

コンサルティングファームはところで、なぜ上場しないのでしょうか。端的に言えば、”お金がいらないビジネスなので、お金を受け取って口を出されたくない”というのが答えでしょう。詳細を、Strong Career講師で大手戦略ファーム出身者が回答します。

なぜコンサルティングファームは、上場しないのか?

マッキンゼー、ベインアンドカンパニー、ボストンコンサルティンググループなど、グローバルで何千、何万のコンサルタントを雇う戦略ファームも、上場はしていません。経営は一部のパートナーで持ち合う、パートナーシップ制です。

あまり真面目に考えたことのないトピックかと思いますが、これはなぜだと思われますか?


たとえば外資系金融機関も長らくパートナーシップ制で運営されてきました。ゴールドマンサックスが最たる例ですが、カルチャーが損なわれるのでは、という論争の末、結局上場しました。


また投資会社はどうでしょう。プライベートエクイティファームが公開株として上場するのは、コンフリクトがあるとしてこれも投資家の批判にさらされました。


コンフリクトというのは、プライベートエクイティへの投資家は、10年後のリターンを最大化してほしいわけですが、公開株の投資家は毎年の短期のリターンが重要な人たちだからです。


それでも結局、KKRもブラックストーンも上場し、結果的には大成功しました。


ではなぜ、BCGやマッキンゼーなどは、上場しないのでしょうか?


戦略コンサルファームは、基本的に資金調達が不要

まず、そもそも戦略コンサルは資本が不要でキャッシュが廻るビジネスなため、資金調達が向いていません。


売り上げがあがれば人も雇えて利益も増えますが、売り上げが増えないのに巨額の資本を調達して資金が入ってきても、広告費を投下したからと言って仕事が来るビジネスでもないのです。


マッキンゼーにしてもBCGにしてもベインにしても、広告みたことないですよね?イベントのスポンサーなどはしても、大規模な広告はそぐわないです。なにせ、顧客にしても採用にしても、一部の特殊なマーケットですから。


これは、上場のもう一つの役割である、”社会的認知度向上によるメリット”が、コンサルファームにはあまり当てはまらないことも意味します。一般に認知度が高いことより、法人の意思決定者に信頼されていることの方がよっぽど大切なのです。


ともあれ一言で言って、コンサルは別に資金調達が必要でないため、”その上場で調達した資金で何に投資するの?”と言われても、結構困る業界なのです。


戦略コンサルファームで上場したところは、大抵失敗

次に、戦略ファームで上場したところは、大抵失敗しているのです。中堅的な戦略ファームで、上場されている大きなシステム系のコンサルに買収されて、上手くいかずに結局再度独立したケースが複数あります。


たとえばコンサルティングは市況が悪化した時、無理やりプロジェクトを売りつけて一時的な売り上げを上げても、顧客満足度と成果が無ければ次に繋がりません。


毎四半期ごとに売り上げ、利益成長が求められる株式市場の期待とフィットの高い業界でないのは明らかでしょう。買収を仕掛けた親会社とのカルチャーの違いを埋められずに、再度独立したケースも複数あります。


他にも、守秘義務で開示できないことも多く、どこがクライアントなのかも言ってはいけない(若手のコンサルタントは誇らしげにどこのプロジェクトに入っているか、口軽くいってしまう人が多いですが)業界であるため、上場企業に求められる情報開示に向いていないことも挙げられます。


また、これはコンサルに限ったことではありませんが、上場すると面倒なことが増えます。投資家対応に経営陣の貴重な時間の多くが使われますし、開示しなければならない情報も増えます。上場を維持するコストも結構なものなのです。


一言で言って、上場で得られるメリットより、上場に伴うデメリットの方が多い業界なのかもしれません。


パートナーシップに満足している


最後にもう一つ言えることは、株式の持ち主であるパートナーが、パートナーシップに満足していて、株式を”働いていない第三者”に持たれることを嫌うことも挙げられます。また資金調達して面倒くさい投資家と規制対応しながら、外部の株主にいろいろ言われるより、現状のパートナーシップの方が都合がよいのです。


このコラムを書いていた時、丁度某トップティアファームのシドニーオフィスで働くパートナーと会食する機会がありこの話題を振ったところ、”他人に売るにはもったいない、あまりにもいいビジネス。愚かな株主に戦略やら見通しやら云云説明する時間が馬鹿らしい”という答えが返ってきました。決してこれが代表的な回答とは言いませんが、”儲かるうえに自由で、資金調達も必要ないのに、他人に売る必要はない”というのが、率直な回答でしょう。


コンサルファームを成長させるために入社してくる人はいない?

そもそもコンサルタントになる人の動機で、そのファームを成長させるために入社したい、みたいな人は見たことがありません。


コンサルティングをやっている動機が、コンサルティングファームを成長させることより、クライアント企業の成長に貢献することだという人もいますし、いろんなプロジェクトを経験してビジネスパーソンとして成長することだという動機の人も多いです。


これに対し、志望動機で”マッキンゼーの規模をさらに大きくするために御社を志望…”などという人は、確かにこれまで、一人もお目にかかったことがないのです。

あくまで成長すべきはクライアント企業であり、コンサルファームは”クライアント企業の成長をサポートする役割”とみなされているのです。

2019年2月24日 13時より六本木ミッドタウンにて、外資セミナー(外資系戦略コンサル・投資銀行面接対策セミナー)を開催します。お申し込みはこちらから

新卒・第二新卒・中途共通!
外資系戦略コンサル外資金融面接対策セミナー
御宛名
メールアドレス
大学名/大学院名
出生年度(西暦)
キャリア相談したい内容・当日講師に質問したい内容(文字数自由)

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69