>
コンサル転職

「コンサル転職」記事一覧

BCG(ボストンコンサルティンググループ)退職理由でバレる業界の実態とは? 
BCG(ボストンコンサルティンググループ)退職理由でバレる業界の実態とは? 
BCGでのキャリア、いかがですか。常駐先に長らく入って、疲れていませんか?社内政治でどちらの派閥につくか、神経使いますよね?おまけに大量採用で、同僚の質も下がってきているような・・・最近、数年前に外資セミナーを通じてボストンコンサルティンググループに入った人で、現在某欧州オフィスで働いているコンサルタントからPEファンドへ転職された方が語る、BCG退職者の7大理由を共有したいと思います。BCGからの転職をお考えの際の参考にしていただければ幸いです。
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
35歳からのコンサル転職~年齢的にコンサル転職をお勧めしない3大理由とは??
様々な現場で経験をした後、より専門性を高めるためにコンサルへ転職する人は少なくない。しかし、35歳など30代半ばでのコンサル転職は可能なのだろうか?仮に可能だったとして、合理的な選択になりうるのだろうか?年齢的に既にファームのパートナーになっている人がいるのに自分はアソシエイトスタートで、勤務時間は長くなるが年収はたいして上がらず、おまけに学習能力は若手の同僚に比べて遅くなっているし、徹夜する体力も落ちている。伴侶や子供がいようものならなおさらである。以下3ポイントをご参考いただきたい。
下位コンサルから上位コンサル(MBB)に転職する時、最低限入るべき会社はどこ?
下位コンサルから上位コンサル(MBB)に転職する時、最低限入るべき会社はどこ?
転職にあたりどのレベルのファームなら他社でも評価されるのかという質問をいただきました。しかしこの問いは安直な問いであり、安直に答えることはできません。そもそも他社で評価されることを目標にしていいのか、もっと自分で主体的にやりたいことを考えたらどうかという問題もありますが、ファームのブランド名より何をやって何を学び、出来るようになったのか、そしてどのような人脈を手に入れたのかが、マッキンゼーですぐクビになるよりよっぽど将来価値が高いのです。
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職面接対策大失敗!外資戦略コンサル中途面接で避けたい失敗20パターン
コンサル転職・コンサル就活面接対策典型的失敗事例とは? 過去無数のコンサル転職志望者を面接してきた身として20パターンをまとめましたが、中でも"成長したいんです””的外れなケース面接対策””他社の悪口””理屈ばかりで人間味が無く面白くない”などが、よくある失敗パターンです。以下では、コンサル転職失敗者がよく口にする、”壮大な勘違いに基づく、謎の志望動機の数々”も紹介いたします。
浪人に留年、学歴がヤバすぎる高齢学生の、残念なコンサル志望動機とは!?
浪人に留年、学歴がヤバすぎる高齢学生の、残念なコンサル志望動機とは!?
浪人+留年で、東大でもないとなると、よほど留年してまでなさったことがすごくない限り、トップティアの外資コンサルではもちろん不利です。外銀・コンサル・法曹と、その選択肢も危うさを感じるご相談内容です。
コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!
コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!
コンサル転職後のキャリアパスは典型的質問である。非常に多様であるが、その3大パターンと、更に多様な事業会社転職事例、そして意外と多い、事業会社転出後、数年して古巣に戻ったり、フリーランスとして古巣と働く、「出戻り組」キャリアの実態について紹介します。
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
コンサル転職者の前職10パターン~外資戦略コンサルは中途転職が新卒より有利か?
外資系戦略コンサルは、転職か新卒どちらが有利でしょうか?回答は、「ケースバイケース」です。ただ、ファームに長らく務めてパートナーを目指すのであれば、そもそも学習速度の速さとチームワーク能力の高さが重要です。また若い新卒の方が、コンサルとのフィットが無かった時の転職が有利ですし、忠誠心の面でも新卒を優遇するコンサルファームも存在します。しかし中途転職組は、業界エキスパタイズと地に足着いた日本企業の動かし方を心得ています。以下ではどのような経歴でコンサル転職を果たす人が多いのかを解説致します。
コンサルからベンチャーキャピタルに転職成功する人の、5大パターンとは?
コンサルからベンチャーキャピタルに転職成功する人の、5大パターンとは?
コンサルを経験後、VCに転職希望する人が増えています。特に以前は有力海外MBA卒業後はバイアウトファンドが一番人気でしたが、いまではベンチャーキャピタルを目指す人のほうが多いくらいです。これはバイアウトよりもベンチャーに資金が流れるようになったことの表れでもあります。さて、コンサル後にベンチャーキャピタルを目指す人は、どのようなルートがあり得るのでしょうか?その5パターンを解説します。
弁護士・投資銀行・コンサルで、信頼され、自分の名前で仕事ができる迄の道程とは?
弁護士・投資銀行・コンサルで、信頼され、自分の名前で仕事ができる迄の道程とは?
顧客から信頼されて長期的に相談役として企業に貢献したい。これは多くの優秀な若手プロフェッショナルが思い描く、キャリアコンセプトの一つですよね。特に、バイネームで指名され、継続的に仕事を得られるようになりたいとは多くの人が思うものです。しかし弁護士や投資銀行、コンサルで、必ずしもそのような顧客との信頼関係を築けるとは限りません。それでは、エージェンシーコストがつきものの業界で顧客から信頼を勝ち得る秘訣は何なのでしょうか?弁護士から投資銀行に移り、コンサル志望の女性からの転職相談にお答えします。
コンサルから投資銀行に転職する志望動機の回答3ポイント解析
コンサルから投資銀行に転職する志望動機の回答3ポイント解析
コンサルからモルガン・スタンレーへの転職志望者の志望動機と講師によるコメントを紹介する。
官僚からコンサル・金融への転職組が、全く活躍できない理由の3大パターンとは!?
官僚からコンサル・金融への転職組が、全く活躍できない理由の3大パターンとは!?
理由は様々だが官僚から外資コンサル・金融に転職する人は実は多い。しかし、官僚の文化に慣れてしまうと、外資企業でやって行くのは難しい。コンサルと官僚では”適正”が異なることを忘れてはいけない。”脳とマインドセットの民間シフト”を若いうちに遂げなければ、うだつの上がらない、省庁でのアップサイドも天下り先も無い、残念なキャリアを終えてしまうことになるだろう。
コンサル後のキャリアパス~コンサルから公的な仕事に転職は可能なのか?
コンサル後のキャリアパス~コンサルから公的な仕事に転職は可能なのか?
コンサルから公共セクターへ移る人は実は多い。しかし、実際に政治の世界で頭角を現している人は少ないのが現状だ。
非連続キャリアへの逃避行!?~コンサルへの誤解に満ちた期待が、大後悔に繋がる
非連続キャリアへの逃避行!?~コンサルへの誤解に満ちた期待が、大後悔に繋がる
はたから見ると羨ましがられるキャリアでも自己実現から遠く全てを投げ出したいと感じてるエリートは少なくない。実際にやりたいことと、職場の実態の乖離を埋めることが重要である。そして最悪なパターンが、”単にその会社に所属したいから転職希望”という人達だ。
コンサルや金融、PE業界で、「退職するときの直接挨拶」がメチャ重要な理由とは?
コンサルや金融、PE業界で、「退職するときの直接挨拶」がメチャ重要な理由とは?
転職が多いコンサルで重要なのは、退職時の挨拶である。挨拶は相手を重視していることを示す機会だからだ。出世を目指すなら、3日で忘れて永遠に役に立たないビジネス書を多く読むよりも、たくさん心のこもった挨拶をした方が、実は近道なのである。
コンサルに転職してコンサルを経験する、3大メリットと重要注意点とは?
コンサルに転職してコンサルを経験する、3大メリットと重要注意点とは?
コンサル転職後のメリットは、意思決定スキルがつく、人脈ができる、履歴書で有利になる、多様なプロジェクトを経験できる、など様々挙げられるが、最も重要なのはコンサル転職でおわらず、そこで活躍して高いレピュテーションを得ることである。コンサル各社が大量採用をするようになり、コンサルファームにいたことがクオリティコントロールを意味しなくなった今、単にコンサルで数年頂けの人と、コンサルタントとして成長し、ファームの看板を使って新規に顧客を得られるようになった人では、同じコンサルでも雲泥の差があるのだ。
注目の口コミ!!外資系戦略コンサル面接対策テキストへの評価とは?
注目の口コミ!!外資系戦略コンサル面接対策テキストへの評価とは?
Strong Careerのテキスト(外資系戦略コンサル転職対策詳細版・外資系戦略コンサルケース面接徹底対策・外資金融転職対策・新卒用外資コンサル・金融面接対策テキスト)をご購入していただいたユーザ様から寄せられた感想を掲載させていただいております。
コンサル転職で目指すべきファームを考えるときに重要な、3大ポイントとは?
コンサル転職で目指すべきファームを考えるときに重要な、3大ポイントとは?
コンサルファームは数も規模も格段に大きくなり、戦略やカルチャーも多様な分化を遂げました。そんななか、コンサル転職志望者が「自分が目指すべきファーム」「自分に向いているファーム」を検討する際に考えるべき3大ポイントについて、解説いたします。
コンサル後のキャリアパス7大パターン~急増する”エリートフリーランス”
コンサル後のキャリアパス7大パターン~急増する”エリートフリーランス”
コンサルティングファームをに入れば、その後長らく働いた後、同期はどのような業界に転身していくのでしょうか。その益々多様化する実例を紹介します。コンサル後のキャリアパスの参考として頂ければ幸いです。
コンサル転職の志望動機、典型的3大パターンとは?~それをアピールしても無意味!
コンサル転職の志望動機、典型的3大パターンとは?~それをアピールしても無意味!
コンサル業界へ転職される方の志望動機のパターンについてまとめました。
第二新卒のコンサル転職対策とは?強みの自己アピールの方法3大パターン
第二新卒のコンサル転職対策とは?強みの自己アピールの方法3大パターン
第二新卒を含め、コンサル転職時に面接で聞かれる、「コンサルとして活かせる前職で養った強み」は、どのような点に気を付ければいいのでしょうか?新卒時代と異なり、学生時代の限られたサークルやバイト経験を膨らませまくって回答するわけにも行きません。抽象的でなく具体的な職務経験からの教訓を、コンサルとして活かせる強みは何なのかを理解したうえで、的確に繋げて回答することが、第二新卒のコンサル転職ではより重要になります。第二新卒は新卒のポテンシャル+中途転職ならではの実務経験からの成長・教訓の双方が重要です。
1
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム