現役PE社員によるプライベートエクイティ界研究~PEの業務・仕事内容とは?

現役PE社員によるプライベートエクイティ界研究~PEの業務・仕事内容とは?

プライベートエクイティ転職後の仕事内容・業務内容とは具体的にどのようなものなのでしょうか?プライベートエクイティの様々なアセットクラスの種類やPE業界での働き方のポイント、事業承継・カーブアウトといった多様なアングルのディールソーシングや、PE業界でのバリュエーション、ハンズオンの実務、ファンド会計に関する全体像の概観を、長年PE業界で働く、ストロングキャリア講師が解説致します。

現役PE社員によるプライベートエクイティ界研究PEの業務・仕事内容とは?

プライベートエクイティの仕組みとビジネスモデル

プライベートエクイティは、文字通り私的な株式投資である。

PEの特徴は切り口によって違うが、以下では読者層を鑑みて、PE業界に転職志望するコンサルタントやバンカー、資産運用プロフェッショナルが知るべき特徴を書き綴ろう。 

第一の特徴は、公開株のように不特定多数の投資家が公開市場で買うことができないということだ。

公開株はインサイダー情報禁止だが、プライベートエクイティはインサイダー情報の取り合いで戦う。

第二の特徴は、投資時の契約もプライベートな交渉で様々な条項を入れることができるということだ。

だからこそ、同じ対象企業への投資でも、条項次第でリターンやリスクが大きく変わってくる。

第三の特徴は、コミットメントピリオドの驚異的な長さだ。

公開株は年単位、ヘッジファンドなどはか月単位で投資家が資金を引き出せるが、プライベートエクイティは一度PEファンドに投資したら、年間は預けっぱなしである。

そして毎年、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける