ボストンコンサルティンググループ転職対策~マッキンゼー、ベインに比べた特徴

ボストンコンサルティンググループ転職対策~マッキンゼー、ベインに比べた特徴

日本で最も成功を収めたコンサルティングファームとして名高い、ボストンコンサルティンググループ。数ある他ファームと比べ、どのような特徴があるのであしょうか?BCGと他ファームを比べたときの、7大特徴をまとめました。

ボストンコンサルティンググループ転職対策マッキンゼー、ベインに比べた時の大特徴とは?

BCGが最初に海外に作った拠点が東京で、日本においてはグローバルでライバルのマッキンゼーを大きく引き離す規模を誇ります。

別に規模が大きいからよいということを言っているのではなく、そこには戦略およびカルチャーの大きな違いが存在します。

コンサル業界の競合他社と比べたBCGの特徴を以下に記し、マッキンゼーやベインなどから複数のオファーをもらった時の、”ご自身とのフィットの参考”にしていただければ幸いです。

.大規模なリーディングファーム

MBBの中では圧倒的に規模が多く、最も多様な産業やファンクションに対応したコンサルティングファームになりました。またベインやLEKなどのようにジェネラル戦略に特化するのではなく、下でも書きますが常駐してエクセキューションにも関与し、またデジタルコンサル提供チームもできており、コンサル業界の変遷をリードしています。

コンサルファームはよく、企業にアドバイスする割に自社の成長ができていないことが多いと突っ込まれがちですが、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける