コンサル転職で目指すべきファームを考えるときに重要な、3大ポイントとは?

コンサル転職で目指すべきファームを考えるときに重要な、3大ポイントとは?

コンサルファームは数も規模も格段に大きくなり、戦略やカルチャーも多様な分化を遂げました。そんななか、コンサル転職志望者が「自分が目指すべきファーム」「自分に向いているファーム」を検討する際に考えるべき3大ポイントについて、解説いたします。

多すぎるコンサルファーム、一体どこをどう選べばよいのか?

コンサルティングファームを目指される方から、「どのレベルまでのコンサルファームなら行く価値があるか?」と聞かれることがあります。

ずばり、コンサル転職を志望する理由と、自分が貢献できるかどうか、そしてカルチャーフィットの有無という3軸で考える必要があります。

もちろん、大手三社のMBBが人材的にも報酬的にもブランド的にも最高水準なのは言うまでもありませんが、経歴でかなり絞られますし、入社後にまったく向いてなくてすぐ干され、一年足らずで実質解雇みたいな人もいます。

またPE案件を多くこなしたいならベイン、少しバジェットが落ちてもPEのDD案件がなぜかお好きであればベルガー、また戦略系...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける