非連続キャリアへの逃避行!?~コンサルへの誤解に満ちた期待が、大後悔に繋がる

非連続キャリアへの逃避行!?~コンサルへの誤解に満ちた期待が、大後悔に繋がる

はたから見ると羨ましがられるキャリアでも自己実現から遠く全てを投げ出したいと感じてるエリートは少なくない。実際にやりたいことと、職場の実態の乖離を埋めることが重要である。そして最悪なパターンが、”単にその会社に所属したいから転職希望”という人達だ。

全てを捨てて、違う人生を生きたくなるエリートたち

最近、某大手コンサルファームのパートナーで香港オフィスで働いている友人とあった。

彼が、会社を出て、リンクドインやFacebookなどすべてのつながりを捨て、まったく違う人生を送ってみたいと何度も思うというのだ。

収入は高くてはたから見ると羨ましがられるキャリアでも、自己実現からはほど遠く、目の前のルーティンワークに埋没しているエリートは少なくない。

そして40を超えて仕事人生も半分折り返しに近づいたとき、今までの仕事の延長線上にどうしても自分のキャリアビジョンを見いだせないというのだ。

過去の延長線上に、自分のビジョンがないと悟るとき

このような”過去の延長線上に、自分がなりたい自分がいない”ことに気づき、当セミナーに参加する人は非常に多い。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける