官僚からコンサル転職・金融転職した人のその後とは?
「コンサルキャリア相談」の詳細カテゴリ
13bb8176 5788 41b1 91f2 adfdb74158a9 0753c353 91ab 4e47 810b 8089d05b2d5e 674d1797 8a1a 464f 84ef e1ce9a83c210 Ac290221 6ac6 4d76 80cb d7bcbbafadec C1a64806 13eb 458e 96b1 c1f12cddc169 A1f73e57 79b2 440f 8ad1 aa4c1c84b1f4

官僚からコンサル転職・金融転職した人のその後とは?

理由は様々だが官僚から外資コンサル・金融に転職する人は実は多い。しかし、官僚の文化に慣れてしまうと、外資企業でやって行くのは難しい。コンサルと官僚では出世条件が異なることを忘れてはいけない。
Thumbnail 3159c5ad 7ab5 42e7 9cce fa0ccd1a62fd
StrongCareer編集部

官僚からの外資コンサル・外資金融転職志望者は多い

中央官庁の官僚の人で外資セミナーに転職相談を寄せる人は多い。
その多くは財務省、国土交通省、経済産業省の方々であるが、中には外務省から外資コンサルに移った人も複数存在する。
一昔前は次官への道が閉ざされた人が消極的に転職したが、今は官僚でのキャリアより魅力的な選択肢として積極的に相談されるケースが多い。

官僚の旨みと相対的影響力の減退、および年功序列の出世スピードの遅さと下積みの長さに嫌気がさして転職を志望する人、事なかれ主義の“なぜあんな人事が まかり通るのか”といった義憤(官僚の友人に組織の問題点を聞くと、たいていこの納得できない人事が挙がる)、コンサルや外資金融に進んだ大学の同期と自身の報酬パッケージの比較、“民間の立場の方がやりたい事が出来る”といった気付き、国費留学の際にMBAで受けたグローバルの同期からのカルチャーショック諸々で、外資コンサル/外資金融を志す人が増えている。

官僚志望者と外資コンサル・外資金融志望者は、総じてカルチャーが違う

残念ながら総じて活躍していない人が多い。
面接側は“どうせ役人は使えない”という先入観が強いし、実際私が知っている人も中央官庁の中でも花形の省庁から米トップスクールMBAに進み、鳴り物入りで某投資銀行に入ったが社内でいじめにあって間もなく退社を余儀なくされた人がいる。
また違うちょっとマイナー目の省庁からコンサルティングファームに入り(その前に某米国トップスクールのMBAに国費留学)、大した活躍ができずマネジャーに上がれないまま事業会社に転職していった人もいる。

私のいた古巣の米系コンサルティングファームでも日銀出身者が二人いたが、片方はオタクタイプでチームメンバーや顧客とのコミニュケーションに大いに問題があり、片方は賢かったが社内政治に長けておらず、上司と衝突ばかりして数年で去ってしまった。

私の知る限り、某省庁から米系大手に入りとんとん拍子でアソシエイトパートナーに30台前半で出世した一人を除き、総じて苦戦しているのが現実である。(その証拠に外資系のトップに日本のメガバンク出身者の転職組はいても、官僚出身者が座っているのを見たことがない。まぁ、以前の大蔵省出身の大物官僚が某投資銀行投資の副会長と 言う形で案件獲得のソーシングで活躍していた例があったが、銀行各行や大企業幹部との密なネットワークがあったからこその抜擢であった。)

どうせ出るなら、官僚カルチャーに染め上がってしまう前に転職を

この状況は、同年代の大学時代の同期が20代前半や中盤で経験したコンサルや金融の基本的下積み作業を、30そこそこから開始しなければならないハンディが一つ理由にあげられる。
また官僚カルチャーに染まってしまい、ビジネスセンスというか、お金の香りのする現実的な地に足のついたビジネスプランに弱い人も中にはいる。

また公共に資する仕事をしたい、と思って官庁に入ったものの絶望し、心機一転コンサルや投資銀行に移ったもののやはり公共の利益とは程遠かった、と幻滅する人もいるだろう。(実際このタイプの人で私が知る一人は、外資金融を経てNPOに移って行ってしまった。噂によるとNPOの腐敗に気付いてまたしても幻滅しているらしいが。。)

官僚からのコンサル・金融志望動機で、公的な大義を振りかざしては的外れ

中央官庁から外資コンサル・外資金融に目指される方への注意点を最後に挙げておこう。
まず志望動機として、“企業や産業を横串で貫く効率的なシステムを提供することで社会の発展に資する仕事がしたい”というパブリックインタレストを前面に押し出してこられる方が多い。

建前上は企業はそのようなことを謡っていても本質的にはバジェットを達成しなければ首を切られる上司が、仕事を楽にしてくれる部下を探す場がリクルーティングだということをお忘れにならないよう(まぁ、こういう公共精神の高い志望者を好むコンサルタントも中にはいるが)。

あと、頭がよければ競争に勝てる、という業界でないことも肝に銘じておきたい。

当然両業種とも一定のいわゆる“頭のよさ(=記憶力、理解力、論理的思考能力、数的センス)”は必要であるが、その上に“人間商売”という側面が 色濃くあるのがこの業界だ。
コンサルタントはチームメンバー、上司のシニアコンサルタントやパートナー、また何よりもお客さん受けする人間でなければプロジェクトに繋がらない。

金融は同じくチームやお客に気に入られて何ぼの投資銀行部や株式営業部、プライベートエクイティのような世界もあれば、周囲に関係なく腕一本で稼ぐトレーダーのような仕事もあるが、この仕事はいかんせん頭で勝負というより勘や運、センスが勝敗を分ける要素が強いので、官僚時代の出世条件とは重視される要素が異なってくるのである。




連載カテゴリー


\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69