官僚からコンサル・金融への転職組が、全く活躍できない理由の3大パターンとは!?

官僚からコンサル・金融への転職組が、全く活躍できない理由の3大パターンとは!?

官僚から外資コンサル・金融に転職する人は実は多い。実際にストロングキャリアにも、経産省・総務省・外務省など多くの中央官庁の若手が登録し、外資コンサル・外資金融・PEファンド等への転職相談を寄せてくれる。しかし官僚の文化に慣れてしまうと、外資企業でやって行くのは難しい。コンサルと官僚では”適正”と”行動特性”が大いに異なるのだ。”脳とマインドセットの民間シフト”を若いうちに遂げなければ、うだつの上がらない、省庁でのアップサイドも天下り先も無い、残念なキャリアを終えてしまうことになるだろう。

総務省・外務省・経産省からの転職志望者が急増~しかしながら官僚からコンサル・金融への転職組が、全く活躍できない理由の3大パターンとは!?

中央官庁の官僚の人で、当セミナーに転職相談を寄せる人は多い。昨今話題の「働き方改革」だが、経産省の官僚自体が「うちが働き方改革まったく出来てないですからね」と嘆息する。

その友人がなんと、官公庁の副業解禁に筋道をつけたのだが、これは企業の就労規則ガイドラインから副業規定を取り外す上で、国自体がそれをしなければ、となったのであろう。

当セミナーに参加する人たちの所属省庁の多くは財務省、国土交通省、経済産業省の方々であるが、中には外務省から外資コンサルに移った人も複数存在する。

一昔前は次官への道が閉ざされた人が消極的に転職した。しかし今は官僚でのキャリアより魅力的な選択肢として積極的に相談されるケースが多い。

財務省不祥事や内閣が人事権を握るようになってから、アカラサマに官邸に媚を売る人が出世する悲しき実態を見て、嫌気がさして辞めている人も少なくない。

官僚の旨みと相対的影響力の減退、および年功序列の出世スピードの遅さと下積みの長さに嫌気がさして転職を志望する人。

事なかれ主義の“なぜあんな人事が まかり通るのか”といった義憤(官僚の友人に組織の問題点を聞くと、たいていこの納得できない人事が挙がる)に駆られる人。

またコンサルや外資金融に進んだ大学の同期と自身の報酬パッケージの比較、(そして多くの多国籍企業の時価総額が多くの国の国家予算を上回る昨今、)“民間の立場の方がやりたい事が出来る”といった気付き、国費留学の際にMBAで受けたグローバルの同期からのカルチャーショック諸々で、外資コンサル/外資金...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける