プライベートエクイティ業界で女性は活躍できるのか?女性が多いポジションとは?

プライベートエクイティ業界で女性は活躍できるのか?女性が多いポジションとは?

プライベートエクイティ業界は男性が大半ですが、女性がPE業界を目指すと、転職選考過程ないし入社後に不利に扱われるのでしょうか?実際はプライベートエクイティの仕事内容次第では、女性のほうが数多く活躍されているポジションも複数あります。以下ではプライベートエクイティ業界における女性の”社会進出”の実態を解説致します。

プライベートエクイティ業界で女性は活躍できるのか?女性が多いポジションとは?

プライベートエクイティというと男性が多い印象がありますが、実際に9割がた男性です。

たまに女性もいますが投資チームのジュニアで数年で辞めていくか、IR担当が大半。

ただ、ファンドオブファンズなどLPサイドは、女性が数多く活躍しています。

以下では女性がPE業界に少ない理由と、女性が輝くPE業界のポジションについて解説致します。

プライベートエクイティ業界が男性社会な理由とは

プライベートエクイティ業界は、投資銀行やコンサルのように超絶労働時間が長いわけではないです。むしろ世の中一般のお仕事に比べれば、拘束時間は大抵のPEファームでは、少ないほうなはずです。

結婚生活と十分両立できるはずですが、なぜプライベートエクイティ業界は男性が大半を占めるのでしょうか?

その理由は第一に、PE業界はコンサルのMBBや投資銀行のMAチームから多くのジュニアを雇うので、MBBと投資銀行部門がハードコアで男性が圧倒的に多いことが、一つの理由かと思われます。

第二に、金融系やマネジメント系の仕事は、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける