浪人に留年、学歴がヤバすぎる高齢学生の、残念なコンサル志望動機とは!?

浪人に留年、学歴がヤバすぎる高齢学生の、残念なコンサル志望動機とは!?

トップティアコンサルファームを目指すうえで、学歴コンプレックスを抱える人は少なくありません。おまけに浪人+留年で、東大でもないとなると、よほど留年してまでなさったことがすごくない限り、トップティアの外資コンサルではもちろん不利です。よく浪人や留年中に何をしていたかが重要だと言う方もいらっしゃいますが、残念ながらたいてい、「ろくなことをしてなかった」という現実が多いのもまた事実なのです。以下では、外銀・コンサル・法曹と、その選択肢も危うさを感じるご相談内容と回答を紹介いたします。

浪人に留年、学歴がヤバすぎる高齢学生の、残念なコンサル志望動機とは!?

早稲田大学法学部Hさんより質問

現在、浪人で早稲田大学法学部に入学し、留年も決定しているのですが、このような学歴(経歴)が、外資系投資銀行または戦略コンサルファームを目指す上で障害となることはないでしょうか。

キャリアのプランとして、外資系投資銀行または戦略コンサルファームで実務に携わり、機会がればビジネススクールへの留学を重ねて、ビジネスのプロフェッショナルとしての道を考えています。

しかし、外資系投資銀行または戦略コンサルファームへ入ることが絶望的に厳しいのであれば、専攻を活かし日本のロースクールへ入学、修了を経て法曹サイドからの、ビジネスへ関わる可能性も考えています。

気持ちとしましては、早いうちに実務経験を積みたいと考えているため、外資系投資銀行または戦略コンサルファームを中心に就職活動を行うつもりであります。このような考えについて、何かご助言があればよろしくお願いします。

留年していた時に、何をしていたかをどう語るか?

浪人に留年が重なるとそれだけですと経歴上のハンディです。しかし、それを説明するような力強いストーリーがあれば別です。一年浪人程度ですとまだ一般的ですが、たとえば留年されたのは何をされていたからでしょう?

ここで書かれている内容とその迷いっぷりからして、これでは”大した理由なく留年したのでは”と勘繰られてしまうでしょう。

”ポジティブ留年組”の、留年理由は、迫力と真剣度が違います。NPO活動に従事してフィリピンに学校を作っていた、ですとか、単位認定されない大学との交換留学でイランで一年過ごしていた、ですとか、休学して、視野を広めるべく一年世界中を周って...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。またストロングキャリア・オンラインサロンでは、無料で優秀な会員同士の相互学習・ネットワーキングコミニュティを形成しております。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける