学歴がヤバい人のコンサル就活「浪人して留年もしたらコンサルには入れないのか?」

学歴がヤバい人のコンサル就活「浪人して留年もしたらコンサルには入れないのか?」

浪人に加え留年もしてしまうと確かに不利にも見えるが、大事なのはその期間に何をしていたかだ。「単にサボっていた…」というのならばハンディになるが、反対にユニークな経験で主体性やリーダーシップをしていたなら、むしろアピールになるのである。そして、多くの学生がコンサルを漠然と目指すが、それは多くのキャリアのうちの一つにすぎないことを忘れないで欲しい。

早稲田大学法学部Hさんより質問

現在、浪人で早稲田大学法学部に入学し、留年も決定しているのですが、このような学歴(経歴)が、外資系投資銀行または戦略コンサルファームを目指す上で障害となることはないでしょうか。

キャリアのプランとして、外資系投資銀行または戦略コンサルファームで実務に携わり、機会がればビジネススクールへの留学を重ねて、ビジネスのプロフェッショナルとしての道を考えています。

しかし、外資系投資銀行または戦略コンサルファームへ入ることが絶望的に厳しいのであれば、専攻を活かし日本のロースクールへ入学、修了を経て法曹サイドからの、ビジネスへ関わる可能性も考えています。

気持ちとしましては、早いうちに実務経験を積みたいと考えているため、外資系投資銀行または戦略コンサルファームを中心に就職活動を行うつもりであります。このような考えについて、何かご助言があればよろしくお願いします。

講師による回答

状況は厳しいですが、”浪人・留年していた理由とその間していたこと次第”および、その他のパフォーマンス次第で入れる可能性はあります。もはや変えられない過去なので、これをどうポジティブに解釈するか、今後の行動を変えるかしかないでしょう。

なおアドバイスとしては、コンサルや投資銀行ないし、法曹サイドという極めて狭い選択肢から選ばず、広く業界をあたり、大学の専攻に縛られず、深く自分の適性とやりたいことを見つめなおすプロセスが抜けているのでは、と自問されるのがよいかと思います。

法曹サイドからビジネスに関わろうと弁護士までなって苦労した割に、仕事が全く合わずに辞める人もいるので、そのキャリアパスは慎重に”自分に法曹界での仕事があっているのかどうか”を、それこそ弁護士の先輩に数多く聞いて、自分とのフィットを考えましょう。

留年していた時に、何をしていたかをどう語るか?

浪人に留年が重なるとそれだけですと経歴上のハンディですが、それを説明するような力強いストーリーがあれば別です。一年浪人程度ですとまだ一般的ですが、たとえば留年されたのは何をされていたからでしょう?

NPO活動に従事してフィリピンに学校を作っていた、ですとか、単位認定されない大学との交換留学でイランで一年過ごしていた、ですとか、休学して、視野を広めるべく一年世界中を周っていた、などの「ユニークさ」を感じさせる理由があれば別です(ちなみにこれらは実話です)。

しかしながら単にさぼっていてこうなったのでは、ピカピカに輝く経歴の学生さんが押し寄せる当業界ですと、かなり足切りに近いレジュメだと思います。

しかしあきらめる必要はありません。
その2年間の空白、とくに留年部分を説明できるような経験をされていたらそれを説明し、そうでなければ今から緊張感をもって、生き方を変えなければ、投資銀行やコンサルにかぎらず、どの職場に行っても先行きは明るいとはいえないでしょう。

仕事はテストと違い、頭の良さというより日々の生活習慣や自制心、規律といった、中室氏のベストセラー「教育経済学」でも紹介されている、”非認知能力”で大きな差がつくので、これらの資質が厳しく問われるのです。

就活先をコンサルに絞る愚を犯さない:コンサルはあくまで通過点、向いてる職業を真剣に考えプランBを


なお、「早めの実務経験」に関し、投資銀行やコンサルでなければ進むべきキャリアにあらず、というような思い込みは禁物です。これらの業界は確かに魅力的ではありますが、同時に多くのプロフェッショナルにとってキャリア上の有意義な通過点であり、決して最終ゴールではないのです。

ビジネスの実務経験という観点でも、どのような実務経験をお望みなのかによりますが、目的が仮に将来独立といったものであれば、アドバイスしてレポートを作る仕事よりも、現場でかけずりまわって営業しまくるような仕事のほうが、独立する足腰を鍛えます(例えばリクルート。実際に独立する人が多い)。

学部の専攻なんかに、将来の選択肢を狭められてはいけない

なお進路の方向性を選択するにあたって、学部での勉強をもって「専攻」とみなし、それに進路を引きずられるのは正しくありません。

これらの業界において、学部時代の専攻が職務上有意な差別化を生むことはほとんどなく、あっても当初数か月のOJTの間にその差は消え去るのです。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69