コンサルから投資銀行に転職する志望動機の回答3ポイント解析

コンサルから投資銀行に転職する志望動機の回答3ポイント解析

コンサルからモルガン・スタンレーへの転職志望者の志望動機と講師によるコメントを紹介する。

コンサル ⇒ モルガンスタンレーのケース

帰国後に入社しましたコンサルティングファームにおいては、中期経営計画策定という戦略領域から、営業改革等の業務改革領域、及び内部統制の構築といった様々なプロジェクトを経験しています。

上記のプロジェクト経験により、現段階ではM&Aプロセスの一部である事前精査(デューデリジェンス)において貢献出来ると思います。
また、様々な業界知識も役立つと思います。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける