第二新卒のコンサル転職対策とは?強みの自己アピールの方法3大パターン

第二新卒のコンサル転職対策とは?強みの自己アピールの方法3大パターン

第二新卒を含め、コンサル転職時に面接で聞かれる、「コンサルとして活かせる前職で養った強み」は、どのような点に気を付ければいいのでしょうか?新卒時代と異なり、学生時代の限られたサークルやバイト経験を膨らませまくって回答するわけにも行きません。抽象的でなく具体的な職務経験からの教訓を、コンサルとして活かせる強みは何なのかを理解したうえで、的確に繋げて回答することが、第二新卒のコンサル転職ではより重要になります。第二新卒は新卒のポテンシャル+中途転職ならではの実務経験からの成長・教訓の双方が重要です。

第二新卒のコンサル転職対策とは?「コンサルとして活かせる前職の強み」3パターン

コンサル転職志望者は、本当の自分の売りに気づいていないことが多い

第二新卒のコンサル転職に際してオーソドックスな質問として、「前職から活かせるあなたの強み」という問いがあります。この強みはもちろん、コンサルとして活躍するための要素とリンクしている必要があるのですが、その典型的な事例は、
①信頼感(チームおよびクライアントから)、
②人を巻き込むリーダーシップ(自分でなんでもやってしまう人は、人を巻き込めないので大きなことができない)、
③人を動かす(論理だけでなく、感情面にも訴える)ウェットなコミニュケーション能力、一言でいえば”あなたがいるとチーム全体の士気が上がり、生産性が高まる”ということが重要です。

なおよくある残念なケースが、ひたすら論理的思考能力や謎の仮説思考、ゼロベース思考とやらをアピールするタイプ。これは、あって当たり前なので、特にアピールポイントにならないです。(3大アピールポイントの一つくらい、この類でも構いませんが)

第二新卒のコンサル転職面接で、退屈な典型的3大アピールとは?

なお当セミナーに参加する多くの転職志望者の相談に乗ってきて実感するのですが、「本来ならばよいものを持っているのに、それを自分で気づかず、面接でも相手に伝えられず、撃沈してしまう」という人が多いのです。

残念なことに、真の強みを発揮せずに、以下のような金太郎飴的な、ありきたりの”強みアピール”に終始します。一番退屈な事例が、「論理的思考能力」「リーダーシップ」「プレゼンテーション能力」といった、ここで書くのも退屈な3ポイントです。

これらはあって当たり前なので、これらで勝負しようと思えばその具体例一つ一つが大切なのです...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム