コンサルからベンチャーキャピタルに転職成功する人の、5大パターンとは?

コンサルからベンチャーキャピタルに転職成功する人の、5大パターンとは?

コンサルを経験後、VCに転職希望する人が増えています。特に以前は有力海外MBA卒業後はバイアウトファンドが一番人気でしたが、いまではベンチャーキャピタルを目指す人のほうが多いくらいです。これはバイアウトよりもベンチャーに資金が流れるようになったことの表れでもあります。さて、コンサル後にベンチャーキャピタルを目指す人は、どのようなルートがあり得るのでしょうか?その5パターンを解説します。

質問:戦略コンサルからMBA留学中で、ベンチャーキャピタル転職を検討しています

この度MBA卒業後のキャリアに関して悩んでおり、ご連絡差し上げました。
私は前職は日系のコンサルティング会社に勤めており、そこから現在私費でMBA留学しております。

卒業後のキャリアとして、コンサルティングに関心があったため、外資の戦略コンサルティングファームを受けたのですが、最終的にトップティアではない戦略ファーム1社のみからオファーをもらいました。

正直なところ、自分としてあまり満足できない結果で、何年後かに上位のファームに転職をしたくなるのではないかと懸念しております。

そう考えると、これを機にコンサルへの志望を諦め、別の事業会社に転職したほうがベターではないかと悩んでおります。

今の関心として、長期的にはVCで働きたいと考えていることも、今後のキャリアとして自分がどちらを選ぶべきなのかを悩ませている状況です。

もしこれまでアドバイスしたケースでご知見ありましたら、ご助言頂けると幸いです。何卒よろしくお願い致します。

講師による回答

日系のコンサルティング会社というのは、野村総研などでしょうか。
年次と経験された内容、現在の年齢にもよりますが、VCを目指されるのであれば、VCを受けられてはいかがでしょう。

コンサルで学ぶことと、VCで必要なスキルや経験はかなり違うので、コンサルに長居しすぎてしまうと、20代からVCで働いている人に比べ、何のエッジもない人になりかねないです。

ポストコンサルキャリアとしてベンチャーキャピタルに転職された事例ですと、まず第一に、コンサル出身で欧米一流MBA(ここでは伏せていますが、このご質問者様はトップティアのMBAホルダーです)であれば、そのままV...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける