後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?

後輩バンカーに舐められたくない!!投資銀行転職後に重要な財務知識とは?

中途で投資銀行転職後、年下の同僚になめられないために必要なスキルを紹介します。

アソシエイトなのに、アナリストに舐められる悲哀

「鈴木さん、あなたはアソシエイトであって、アナリストである私よりも上のタイトルなんですよね?私よりも給料をもらっているのであれば、相応の仕事をしてください。昨日作成頂いた資料は、はっきり言って外資系投資銀行のクオリティに達していません」

大学卒業後、新卒採用で大手商社に入社、25歳で米国トップスクールのMBAプログラムに合格、夏休みを利用した10週間のインターンシップを経て、意気揚々と大手町にオフィスを構える某外資系投資銀行にアソシエイトとして入社したあなた(鈴木さん)に対して、同じチームの新卒採用2年目のアナリストの田中くん(23歳)は上記のような言葉を投げかけました。

あなた:「い、いや、MBAで習ったファイナンスの理論を使って、私なりに企業価値を算定してみたのだけれど。。それに、その資料を作成するのに昨日は深夜の3時までオフィスにいたし、私なりには結構頑張ったつもりなんだけどな。。」

大手商社およびMBAでの経験に誇りをもっているあなたは、年下の同僚からの辛辣な言葉に内心怒りをおぼえつつも、なんとか上記のように答えます。

田中くん:「誰も、鈴木さんにそんなクリエイティブな作業を求めていないです。まぁ、確かに1から10まで作業内容のお願いをしなかった私が悪いですね。これは私が引き取って修正するので、鈴木さんは今日はもう帰ってください。昨日は夜遅くまで働かれていたということでお疲れでしょうし。私は本日徹夜での作業になるかと思いますが、まったく気にしなくて結構ですよ。」

そういって田中くんは、「あー」、とか、「マジかよ」、とか言いながら、自分のデスクに戻っていきました。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

総合アクセスランキング