コンサル転職失敗!外資コンサル転職面接である典型的失敗4パターン

コンサル転職失敗!外資コンサル転職面接である典型的失敗4パターン

コンサル転職・コンサル就活面接対策典型的失敗事例とは?

有能な人なのに、コンサル転職面接で失敗する典型的パターンとは

私も数多くの外資コンサル転職志望者への面接を本業でも趣味のキャリアアドバイスでも担当させて頂いてきたわけだが、有能だが面接で失敗する多くの転職志望者の共通する問題点を記載しようと思う。

以下は順不同であり、等しく重要なポイントである。(なおこれらの話をしたからといって、一発で駄目になるわけではないが、あまりにもよくある失敗パターンなので、コンサル転職面接時はくれぐれも留意して頂きたい。)

コンサル転職面接失敗パターン①:コンサルファームは、あなたを成長させるために雇うわけではない

コンサル転職志望動機がガタガタ―「成長カーブを最大化させたい」って・・・・

“経営を俯瞰する仕事がやりたくて”
“もっと戦略ケースの多いファームに移りたくて”
“アドバイスが好きなんです”
“将来経営者になりたくて”
“若い間は極限まで自分を追い込んで、成長したいんです”
“今やっている仕事がオペレーションに偏りがちなので”
“社内でBCG等のコンサルタントと仕事を仕事をするプロジェクトがあり、その時に彼等の仕事ぶりに開眼し、、”
などを言ってくる人が多いのだ が、最後の一つを除けば(べつにこれが感心できるわけでもないが)、ため息が出るほど平凡であり、かつ別にコンサルの志望動機に直結していないものが多い。

志望動機が“とにかく賢い人と働いて成長したい”という学習マインドに則ったものが多く、自身の適性、将来ビジョンとの整合性に関して何も語れない人も多い。

大抵、志望動機に対する問答は時に10分くらい続く。
よって面接時間が30分なら面接の1/3は志望動機を固めることで対策できる。

又この志望動機は 面接の他の部分(強み、弱み、キャリアビジョン)にも直結するので、貴方のパーソナルパッケージを俯瞰した総合的な視点から作り上げることが重要なのである。

志望動機で最も多い、”自分の成長カーブを最大化させて、、、”みたいなのは、新卒大学生ならまだしも、コンサル転職面接でそれをアピールされても”また勘違いコンサル転職志望者がきた!”となりかねないのだ。

(もちろん、何事も文脈次第なので、成長カーブの最大化を、ということがダメだと言っているわけではない。あくまで、これだけアピールしても仕方ないですよ、という警鐘である。)

コンサル転職面接失敗パターン②:コンサル・ケース面接対策の失敗

無意味なケース面接対策をしまくっている

別にケース面接対策をすることを否定しているわけではないが、往々にして的外れなコンサルケース面接対策が多いと警鐘を鳴らしたい。

巷の形式的なケース面接対策の勉強を鵜呑みにし、お題や面接官の雰囲気、出題の意図を鑑みずとにかく“机の売り上げを上げるという問いでいいですね?まず机の売り上げの定義をしたいと思います。またそれは10%上げるという事でいいですか?それとも三倍の方がいいですか?あと机といっても業務用と家庭用があると思いますが、、ではそもそも机とは何かについて、効用の分析を行いたいと思います”
等々と型にはまったフレームを連発し、焦点の外れた議論をする人がいる。

そのケース問題のどのポイントに面接官ないし顧客が聞きたいポイントがあるのか踏まえた上で、臨機応変にウェートの効いた議論をしてほしい。

例えばプロダクト自体に切り込むのか、流通チャネルなのか、広告方法なのか、バンドル販売なのか、製造で稼ぐのか、ロイヤリティか、OEMか、自己ブランドか、そもそも顧客ターゲットは誰なのか、そもそも机屋さんといってもどのようなタイプなのか、等々。

ともあれ、コンサル転職時のケース面接は、プロジェクト(お題)の目的に即した、知的で面白い分析の切り口が重要であり、かつ内容だけでなく、そもそも客前に自社の看板背負わせて出しても大丈夫かどうか、コミニュケーション能力を見ているのも当然である。

往々にして市販のケース面接対策本は、そもそもコンサル経験もない欧米の大学のケース面接コーチが書いていて、しかもそれを日本語に訳する段階で下手な訳でわけのわからないものになっていたり、日本市場では聞かれないようなことがひたすら書かれていたりする。

ないし、たまたまコンサルに受かった若手が自己流のやりかた(往々にしてその本人にはフィットしているが、他人には汎用性がない)を押し付けていたりと、ほとんどあてにならないことが多い。

「的外れなケース面接フレームワーク」に縛られて云云考えている間に時間だけが過ぎ去る、という恥ずかしい事態にならないよう、お気をつけ頂きたい。

コンサル転職面接失敗パターン③:コンサル転職志望動機で、他社の悪口

「なぜ弊社なのか」で他コンサルファームの悪口を言う

この業界の鉄則は、他人の悪口を言わないことである。

そもそもボスコンであれ マッキンゼーであれ、競合ライバル他社との間で人材は行ったり来たりしている。
そして総じて、トップファーム各社でやっている事に大きな差は無い。

そんな中で他社の悪口や違いを知りもしないのに“ベインと違ってATカーニーは、、、”等と一席ぶつと、面接官は貴方の社会人としてのマナーや慎重さ、業界研究 の度合いに関して違和感を感じるであろう。

かといって各社のHPやセールス文句に踊らされて“自動車関係がやりたいからベルガーです!”や“全社戦略をし たいので、ボスコンです!”とか“製造業の復興に寄与したいので、ADLです!”等とやられると面接官は(少なくとも私は)これまた“はぁー、また表層的 な情報に踊らされたはるな~”という気分になるのである。

またそもそも、オトナになったら他人の悪口は言わない、ビジネス上はせめて表層上はPolitically Correctに、人類皆兄弟、くらいの勢いで振舞うことが基本的なマナーである。

とにかく”だれとでも気分よく上手く関係をつくれて、ネガティブなことをあまり言わない”人でなければ、コンサル転職に限らず、ビジネスで出世しないものなのだ。

コンサル転職面接失敗パターン④:理屈抜きに、話す内容がつまらない

ビールテスト失敗!ちょっとした与太話がつまらない

これはコンサル業界で(特に欧米)、”ビールテスト”と呼ばれるのだが、共にビールを飲みに行きたくなるか、という”人間的面白みテスト”とでもいえよう。

コンサルは客にしてもプロジェクトメンバーにしても人相手のビジネスでコミニュケーションが濃厚なので、人的に”いいやつ”でないと、ストレスがたまるうえ、客からのご指名も貰えないのだ。

人が説得され行動に移すのは、なんだかんだいってロジックではなく感情の要素が強い。これは私の、Googleに買収されたディープマインドで働くAIデータサイエンティストが語っていたのだが、彼らの研究の結果、人の判断はロジックよりも感情により決定されていることの方が大半だったというのだ。

あなたも、賢いだけではビジネスで通用しない。「人間的な面白み」「いいやつやないかお前」というパーソナルな部分も、適度に小出しにするのが大切なのだ。

面接ともなると、中には世間話や与太話をひたすらし続ける面接官もいる。
意図してかどうかは知らないが、人としての成熟度は対策不可能な“普通の社会人としての会話”の中に滲み出ることは多い。

例えばデューディリジェンスのミーティングで相手を見定める時も、最初の5分や10分は仕事と関係ない世間の与太話をすることが多いし、ビジネスディナーの場では時には仕事の話を一切せず、社会問題、美術、歴史、経済情勢全般に渡る話に終始することも多い。

貴方は森羅万象に関してエッジの効いた面白い話をする必要はないが、せめて貴方のバックグラウンドやキャリアについて聞かれたときには“ほーう、勉強になったわ。。”と相手に思わせることのできるように、貴方のユニークなバックグラウンドだからこそできる面白い話(爆笑ではなく教訓、という意味)を複数用意しておいてほしい。

面接が終わった後に、「東大法学部から財務省3年でコンサル転職を目指しているあなたの趣味が、週末のロッククライミングだった」とか、「猫2匹かっていて、その猫のためならなんでもする覚悟をもっていた」とか、「母親に育てられて、楽をさせてあげることが自分の大きなモティベーションだった」みたいなパーソナルな話が出て来ただろうか。

個人的な話を適度に開示してこそ、あなたを突き動かす原体験や動機を理解できた、と思ってもらえるのだから。(かといって、”いい話”するために勝手に不遇の幼少期の話や、存在しない飼い猫のキヨミやチョコミを、でっちあげないこと)

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69