Wide thumbnail 8d85cf63 0d3a 4b79 bdf9 a7d69d9c98a7

ハイキャリア転職の基本

このカテゴリの記事
18本
転職・就活をする上で、抑えたい基本について論じます。
海外勤務を可能にする3大パターンとは?~「MBA後、海外勤務をするには?」
海外勤務を可能にする3大パターンとは?~「MBA後、海外勤務をするには?」
「海外に住みたいから御社を志望する」という人は、実は結構います。希望先の海外勤務を実現するパターンとして、多国籍企業への勤務、日系企業の海外勤務、海外での起業が挙げられます。コンサルファームに入るときは、グローバルファームでも意外とドメスティックな企業相手のプロジェクトが多いことに、気を付けましょう。
コンサルや外資金融、PEからスタートアップ転職時に考えるべき3大ポイントとは?
コンサルや外資金融、PEからスタートアップ転職時に考えるべき3大ポイントとは?
ジム・ロジャース氏、チャン・キム氏、竹中平蔵氏、中野信子氏が絶賛した自身のコミュ力に関する新著「世界トップエリートのコミュ力の基本」を上梓したムーギー・キム氏。今回は氏が、リクルート人材センター(現リクルートキャリア)で累計売上実績歴代トップなどスーパー営業ウーマンとして活躍し、現在ではエグゼクティブ層の採用を中心とした株式会社morichi代表の森本千賀子氏と「プロフェッショナル人材のスタートアップCXOチャレンジ」を題材としたテーマについて語り合った。
会計士からの外資コンサル・金融転職理由3大パターンとは?~30前転職が望ましい
会計士からの外資コンサル・金融転職理由3大パターンとは?~30前転職が望ましい
会計士資格を有している人の転職相談は少なくないありません。会計の知識を有していることは外資コンサル・金融への転職ではメリットとなりますが、コンサル・金融に入る多面い会計士資格を取るというのは遠回り過ぎます。
激務ランキング決定版!~コンサル・外銀・プライベートエクイティ 
激務ランキング決定版!~コンサル・外銀・プライベートエクイティ 
プライベートエクイティ・外資系戦略コンサルファーム・投資銀行の激務ランキングについてまとめます。どのような激務の実態なのか、ないし実は言うほど激務ではない実態を知ったうえで、ご自身とのフィットを確かめてください。
MBA留学後、会社を辞めて転職したいが、どうしたらいいか?
MBA留学後、会社を辞めて転職したいが、どうしたらいいか?
トップMBA留学を果たすと、スポンサーしてくれた古巣に申し訳ないと思いつつも、戻りたくなくなるもの。その時、どのようにすればいいのでしょうか?
トップMBA留学の是非~外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情
トップMBA留学の是非~外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情
20代後半で今後のキャリアを考えた時に、海外MBA留学をすべきかどうか、迷っておられませんか?トップスクールへの留学は、目的によっては素晴らしい投資に、しかし下手すれば不要な2000万と2年間(ないし1年間)の苦痛になってしまいます。近年では起業家コースも充実してきており、ビジネススクールも変わってきています。
コンサル転職か、MBA留学か?~20代後半~30代前半の転職 OR 留学問題!
コンサル転職か、MBA留学か?~20代後半~30代前半の転職 OR 留学問題!
戦略コンサルか、MBAか、悩まれていませんか?よくあるのが、20代後半でコンサルを挟んでMBA出願したいというもの。しかし中途半端なコンサルキャリアでは、マッキンゼー、ベイン、BCGで順調に昇進し、会社スポンサーを受けて出願してくるコンサルライバルに比べ、出願パッケージが不利になりがちです。また海外トップMBAは、若いうちに行った方がメリットが大きいのです。コンサル転職かMBA出願か、どちらがよりキャリアの目的にあった選択肢になりえるか、お答えします。
ハイクラス転職でロークラス人材に転落する、ハイキャリア転職失敗10パターン!
ハイクラス転職でロークラス人材に転落する、ハイキャリア転職失敗10パターン!
「ハイクラス転職」を志す、学歴も職歴も高い「ハイキャリア人材」。しかしながら、「ハイクラス転職の定義」はしばしば「単に給料が20代前半なのに1000万を超える」などの、近視眼的で視野狭窄な定義がされてしまいがち。そもそも「ハイクラス転職」とは、転職後に学べる事、一緒に働く人の質、カルチャーとのフィット、自己効用感、そして仕事を超えた人生の質の向上など、より広い視野と長期的な視点で定義すべきものです。以下では「ハイクラス転職に成功した」と思いきや、実はロークラス人生に転落するパターンを解説します。
アソシエイトとして3年を何処で過ごすべきか?~30代コンサル・金融転職の怖さ
アソシエイトとして3年を何処で過ごすべきか?~30代コンサル・金融転職の怖さ
20代、30代前半までは”アソシエイト”として転職することが多いものですが、この”アソシエイト”として過ごせる会社は通常2社まで、多くても3社までです。いいかれば、2,3社働いたのちは他社でディレクタークラスで通用する成熟さと専門性が求められます。右も左もわからない未経験者が、見様見真似で仕事を覚える期間として許してもらえる年数は、そう長くありません。自分の長いキャリアの中で、どこで「アソシエイト」としての期間を過ごすのか、正しい判断を下せるようにしましょう。
銀行・総合商社など入社した途端転職したくなる「ヤバキャリア」4大ポイントとは?
銀行・総合商社など入社した途端転職したくなる「ヤバキャリア」4大ポイントとは?
長居も無用ですが、短く居ることも無用な企業はたくさんあります。学生に人気の就活メディアでPRだけは上手いので、夢と向上心あふれる優秀な若者を大量に採用できます。しかしそんな優秀だった若者を数年で、見るも無残な「働かないおじさん・おばさん」予備軍に仕立て上げてしまう、慢性・悪性の大企業病企業からの、早期緊急脱出のススメについて論じます。
1
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム