Wide thumbnail 8d85cf63 0d3a 4b79 bdf9 a7d69d9c98a7

第二新卒・MBA

このカテゴリの記事
13本
転職・就活をする上で、抑えたい基本について論じます。
アソシエイトとして3年を何処で過ごすべきか?~30代コンサル・金融転職の怖さ
アソシエイトとして3年を何処で過ごすべきか?~30代コンサル・金融転職の怖さ
20代、30代前半までは”アソシエイト”として転職することが多いものですが、この”アソシエイト”として過ごせる会社は通常2社まで、多くても3社までです。いいかれば、2,3社働いたのちは他社でディレクタークラスで通用する成熟さと専門性が求められます。右も左もわからない未経験者が、見様見真似で仕事を覚える期間として許してもらえる年数は、そう長くありません。自分の長いキャリアの中で、どこで「アソシエイト」としての期間を過ごすのか、正しい判断を下せるようにしましょう。
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルからスタートアップに転職して全く役に立たない人の、悲しき6大特徴とは?
コンサルからスタートアップに転職したり、起業する人が増えています。メディアでは元マッキンゼーやBCGのユニコーンベンチャーのCxOがもてはやされていますが、実はコンサルからスタートアップに転職し、全く活躍せずに失敗し、後悔している人も数多くいます。大手コンサルファームからスタートアップに転職して後悔しないための6大ポイントを以下に解説致します。
ストロングキャリア相談 by シュウビル~PE・コンサル・投資銀行適性診断
ストロングキャリア相談 by シュウビル~PE・コンサル・投資銀行適性診断
ストロングキャリアのマスコットキャラクター、”就ビル(シュウビル)”(年齢20歳 好物ナマズ)氏が、貴方からのキャリア相談にお答えします。プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行業界に精通しており、鋭い眼光で貴方の適性を見通します。
自分が大儲けするための3大転職パターンとは?~どのモデルが自分らしいか考えよう
自分が大儲けするための3大転職パターンとは?~どのモデルが自分らしいか考えよう
結局のところ、大儲けできるビジネスの特徴とは、何なのでしょうか?大儲けの裏には、多くの資金か労働者か顧客が動く必要がありますが、それは個人の特性によって選ぶべき道が変わってきます。大儲けという言葉に拒否感を感じる人もいらっしゃるでしょうが、多くの人のニーズを解決するという意味での、「誉大き大儲けへの道も確かに存在します。その大きな方向性の3大パターンについて、論じます。
海外勤務を可能にする3大パターンとは?~「MBA後、海外勤務をするには?」
海外勤務を可能にする3大パターンとは?~「MBA後、海外勤務をするには?」
「海外に住みたいから御社を志望する」という人は、実は結構います。希望先の海外勤務を実現するパターンとして、多国籍企業への勤務、日系企業の海外勤務、海外での起業が挙げられます。コンサルファームに入るときは、グローバルファームでも意外とドメスティックな企業相手のプロジェクトが多いことに、気を付けましょう。
MBA留学後、会社を辞めて転職したいが、どうしたらいいか?
MBA留学後、会社を辞めて転職したいが、どうしたらいいか?
トップMBA留学を果たすと、スポンサーしてくれた古巣に申し訳ないと思いつつも、戻りたくなくなるもの。その時、どのようにすればいいのでしょうか?
トップMBA留学の是非~外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情
トップMBA留学の是非~外資コンサル・外資金融におけるMBA留学事情
20代後半で今後のキャリアを考えた時に、海外MBA留学をすべきかどうか、迷っておられませんか?トップスクールへの留学は、目的によっては素晴らしい投資に、しかし下手すれば不要な2000万と2年間(ないし1年間)の苦痛になってしまいます。近年では起業家コースも充実してきており、ビジネススクールも変わってきています。
コンサルや金融、PE業界で、「退職するときの直接挨拶」がメチャ重要な理由とは?
コンサルや金融、PE業界で、「退職するときの直接挨拶」がメチャ重要な理由とは?
転職が多いコンサルで重要なのは、退職時の挨拶である。挨拶は相手を重視していることを示す機会だからだ。出世を目指すなら、3日で忘れて永遠に役に立たないビジネス書を多く読むよりも、たくさん心のこもった挨拶をした方が、実は近道なのである。
会計士からの外資コンサル・金融転職理由3大パターンとは?~30前転職が望ましい
会計士からの外資コンサル・金融転職理由3大パターンとは?~30前転職が望ましい
会計士資格を有している人の転職相談は少なくないありません。会計の知識を有していることは外資コンサル・金融への転職ではメリットとなりますが、コンサル・金融に入る多面い会計士資格を取るというのは遠回り過ぎます。
360度評価の罠~記載内容はたいてい、会社に筒抜け?
360度評価の罠~記載内容はたいてい、会社に筒抜け?
360度評価を採用している企業が増えている。匿名扱いということで何でも本音を書く人がいるが、実際は筒抜けである。そして、あなたのコメントはあなたの評価を上げるためにも下げるためにも使われ得る。本音を書くべきではないということではないが、自分の役割を演じることも大切だ。
1
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける