PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?

PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明~仕事がデキる人の特徴とは?

プライベートエクイティ転職後に、社内で”評価”される人は、どのような人なのでしょうか?逆に内心馬鹿にされている人は、何をしているのでしょうか?プライベートエクイティ転職後に活躍し、パフォーマンスレビューで高い評価を受けるには、そもそも「どのようなポイント、評価軸」で評価されるのか、その物差しを知っておく必要があります。以下では明示的なモノサシと、暗黙のモノサシの双方を一部抜粋して紹介いたします。(写真はプライベートエクイティ転職徹底対策テキストより抜粋)

PEファンド転職後のパフォーマンスレビュー基準説明仕事がデキる人の特徴とは?

プライベートエクイティに第二新卒で転職すると、たいていアソシエイトスタートです。そこから3年後にディレクター、4年か8年後にパートナーに上がるには、各ファームのパフォーマンスレビューの基準に沿った行動指針を示す必要があります。

では、プライベートエクイティという仕事内容・業務内容の文脈で、PE案件を発掘し、PE投資を実践する中で「仕事ができる」と評価される人は、どのような特徴を有しているのでしょうか?

そのポイントを解説します。

.有力パートナーに気に入られている

いきなり元も子もないのですが、なんだかんだ言って、これはマッキンゼーだろうとゴールドマンだろうと、あらゆるプロフェッショナルファームの実態と同じ暗黙のルールです。

PEファームでも、有力パートナーがパフォーマンスレビュー会議で推してくれるかどうかで、その進退が決まります。

普通のパフォーマンスでも、創業パートナーが内心貴方を嫌っていたらパートナー会議で解雇されますし、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける