講師Q&A 「将来は外資系法律事務所への転職を夢見ています」

講師Q&A 「将来は外資系法律事務所への転職を夢見ています」

米国の司法試験は合格率が高く年収も高い。しかし、それは日本と異なり「合否」自体に焦点を当てていないからである。弁護士という資格に給料を払っているのではなく、純粋に弁護士としてどれだけ価値を提供できたかに焦点を当てているのである。

官庁勤務 男性より質問

御セミナーは、外資系の金融やコンサルを中心に扱っていらっしゃいますが、外資系の「法律事務所」への転職はどれくらい難しいものでしょうか? 

日本のそれとは違い、米国における司法試験は遥かに合格率が高いと聞いております。
私はこれまで某政府官庁に勤めており、国家公務員試験1種の資格を有しています。

この際渡米して、米国の弁護士の資格もとれば、東京や世界各地において外資系法律事務所でかなりのステータスと給与が得られるとみこんでいるのですが、お考えをお聞かせ願えますでしょうか? 

これまでの官庁におけるキャリアのお陰で、私には「Government of Japan」を背負っているという自負心もあり、LLMという米国ロースクールのプログラムに一年通って司法試験も通ればきっとトップの外資系事務所に入れるとみこんでいるのですが。

講師による回答

日本に最近できた「法科大学院」のいくつかにも、米国ロースクール一年留学を通じてこのLLMという学位を取得することをあたかも「日本の難しい司法試験を回避する裏技」のように推奨しているところが散見されるような印象があります。
これは当事者にとって重大な影響を及ぼす危険な発想なので、これを機会に私見を述べます。

まず、外資系法律事務所の雇用マーケット。
貴方はきっと米国のウェブサイトを通じて、大手の弁護士事務所が日本円に換算して2000万円に近い金額の年収を若手弁護士に支払っているのを知ったでしょう。

しかし、海外のリーガルマーケットを考察する以上、日本独自の感覚を捨て去る(あるいは克服する)必要があるのです。
そう、この立派な年収は、その米国弁護士が「弁護士」だから得ているのではないのです。すくなくとも、それが主要な理由では到底ありません。

価値ある資格は、それだけ得るまでに苦しさが伴っていることに気づきましょう。
これは国内外を問わない普遍的法則です。
誰もが得られる資格なら、まさに文字通り誰もが取得して、供給は一挙に飽和状態となり、社会一般通念上「価値」は下がるでしょう。
いうまでもなく、ここで我々のいうその価値とは、社会的ステータスと年収です。

では、司法試験の合格率が高い米国で、どうして外資系法律事務所はあれほどの「価値」を被雇用者に提供できるのでしょうか?
それは、「資格」の焦点が、司法試験の合否におかれていないからです。

米国で最も優秀なロースクールに入り、JD degreeと呼ばれる3年間のプログラムを終了し、しかもその中でも優秀な成績で卒業する。
これらの要素の総合体に外資系法律事務所は「価値ある資格」を見出します。

日本の「僕は難しい司法試験に受かり、弁護士の先生になったのだ」的な発想は、あっちからすれば意味不明です。
米国の優秀な弁護士も、日本の弁護士も、価値ある資格を手にするまでに、結局最低一度は普遍的法則に従います。そう、「死ぬほど苦しい思いをする」のです。

貴方が、もしむやみにどこぞやのロースクールで1年間のプログラムに入り、米国の司法試験だけ受けて「私はGovernment of Japanを背負った国際弁護士の先生だ。だから年収1800万と仕事をよこせ」みたいな態度をとったら、先方は顎の骨をはずしてびっくりするでしょう。

LLMという学位は確かに価値があります。
一年でも法律を勉強して、無駄なわけはないでしょう。
しかし、貴方の質問にあるような道は、簡単に開かないと考えましょう。

優秀な人にも会社にも理由があります。
トップクラスのそれであればなおさらです。
外資系法律事務所は、十分にトレーニングを受け、あらゆる選考過程で厳選されたピカピカのサラブレッドで、しかも若くてこれからどんどん成長してゆけそうな、そんな弁護士だけを集めようとします。

では、そういう人以外の外国弁護士たちは一体どこでなにをするのでしょうか?
中堅クラスの事務所で弁護士をしたり、まったく法律と無関係のビジネスをしたり、あるいは日本で騒がれているような「軒弁」に近いような存在もあります。
無職も多い。
しかし、このダークな部分を今掘り下げても、貴方の質問の答えにはならないので、これらは以後のトピックとします。
まずはとにかく現実をしっかりと知る。其の上で、覚悟をもって計画を立てるべきでしょう。

Strong Career
無料キャリア相談を受付中!!
御名前
メールアドレス
ご質問内容

こんな記事も読まれています



「キャリア相談Q&A」の詳細カテゴリ
803213a0 922a 4511 9739 b3a051626c10 E5fba474 4c32 4a37 952b 6cc32fef9c94 C4c5fef5 2a78 4a8b 821c fc4384dcb635 C1e9dedd cc3d 4a31 8a66 c48950e881e6 26fbea69 eabd 412f 8930 40f8f3715879 D115b514 69de 48f0 91bf a46c8434008a

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69