講師Q&A 「将来は外資系法律事務所への転職を夢見ています」

講師Q&A 「将来は外資系法律事務所への転職を夢見ています」

米国の司法試験は合格率が高く年収も高い。しかし、それは日本と異なり「合否」自体に焦点を当てていないからである。弁護士という資格に給料を払っているのではなく、純粋に弁護士としてどれだけ価値を提供できたかに焦点を当てているのである。

官庁勤務 男性より質問

御セミナーは、外資系の金融やコンサルを中心に扱っていらっしゃいますが、外資系の「法律事務所」への転職はどれくらい難しいものでしょうか? 

日本のそれとは違い、米国における司法試験は遥かに合格率が高いと聞いております。
私はこれまで某政府官庁に勤めており、国家公務員試験1種の資格を有しています。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム