ハイクラス転職でロークラス人材に転落する、ハイキャリア転職失敗10パターン!

ハイクラス転職でロークラス人材に転落する、ハイキャリア転職失敗10パターン!

「ハイクラス転職」を志す、学歴も職歴も高い「ハイキャリア人材」。しかしながら、「ハイクラス転職の定義」はしばしば「単に給料が20代前半なのに1000万を超える」などの、近視眼的で視野狭窄な定義がされてしまいがち。そもそも「ハイクラス転職」とは、転職後に学べる事、一緒に働く人の質、カルチャーとのフィット、自己効用感、そして仕事を超えた人生の質の向上など、より広い視野と長期的な視点で定義すべきものです。以下では「ハイクラス転職に成功した」と思いきや、実はロークラス人生に転落するパターンを解説します。

ハイクラス転職エージェントの落とし穴ロークラス転職街道に転げ落ちる人が続出!

戦略コンサル・外資金融・プライベートエクイティ等で働く、いわゆる「ハイクラス転職」を志す高学歴・ハイキャリア人材は、「さらなるキャリアアップ」「選ばれた貴方だけの、、、」などと向上心とプライドをくすぐる「ハイクラス転職エージェント」の誘い文句にころりと騙されて、うかつな転職で失敗しがちです。

幸か不幸か、「ハイキャリア人材」と称される人々の年収が比較的高いだけに、多くのエージェントが多様な案件を勧めてきます。

したがって、「やめといたほうがいいハイキャリア転職案件」の誘惑が多いのも事実です。

そんな安易な「ハイクラス転職」の誘惑で失敗しないために、以下では「ハイクラス転職」で失敗するハイキャリア人材の転落パターンを解説します。

.ハイクラス転職の定義がショボい転職後の収入しか考えていない

ハイキャリア人材で転職に失敗する人の第一のパターンは、そもそもハイクラス転職の定義をまじめに考えていないケースです。

蓋を開けてみると数百万年収が上がるだけで、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける