Wide thumbnail 0708158c 94f9 4633 b2f2 98aacc252c85

戦略コンサル転職対策

このカテゴリの記事
91本
コンサル業界の実態についての記事一覧です。
コンサルに転職してコンサルを経験する、3大メリットと重要注意点とは?
コンサルに転職してコンサルを経験する、3大メリットと重要注意点とは?
コンサル転職後のメリットは、意思決定スキルがつく、人脈ができる、履歴書で有利になる、多様なプロジェクトを経験できる、など様々挙げられるが、最も重要なのはコンサル転職でおわらず、そこで活躍して高いレピュテーションを得ることである。コンサル各社が大量採用をするようになり、コンサルファームにいたことがクオリティコントロールを意味しなくなった今、単にコンサルで数年頂けの人と、コンサルタントとして成長し、ファームの看板を使って新規に顧客を得られるようになった人では、同じコンサルでも雲泥の差があるのだ。
コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!
コンサル後の3大転職パターンと、多様なキャリアパスの実態~出戻り組も結構多い!
コンサル転職後のキャリアパスは典型的質問である。非常に多様であるが、その3大パターンと、更に多様な事業会社転職事例、そして意外と多い、事業会社転出後、数年して古巣に戻ったり、フリーランスとして古巣と働く、「出戻り組」キャリアの実態について紹介します。
コンサル転職面接で100%聞かれる、転職後のビジョンを聞かれたら、どう答える?
コンサル転職面接で100%聞かれる、転職後のビジョンを聞かれたら、どう答える?
コンサル面接で、「コンサル後の将来ビジョン」を聞かれたとき、どのように答えている人が多いのでしょうか?大切なのは、正直にコンサル後の転職プランも伝えつつ、「だからこそそのためにもコンサルがネクストステップとして合理的」であることを正直に説明することが大切です。間違っても「ずっと御社で頑張ります」などと白々しいことを言うのは、再考しましょう。
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサル入社後、最初は自分が活躍しやすいケースを選ぶべきたった一つ理由とは?
コンサルティングファームに入社後、自身の希望のプロジェクトに入れるかは、オフィスとの忙しさと自分が周りから信頼されているかにかかっている。最初は自分が価値を出しやすい案件でパートナーから信頼を得ることが大切である。
コンサル転職不安~日本企業で30前半まで働いて、外資系コンサルで通用するのか?
コンサル転職不安~日本企業で30前半まで働いて、外資系コンサルで通用するのか?
30で事業会社から転職すると、新卒コンサル・アナリストからの突き上げが不安なものです。役割が違うのだと割り切り、クライアント側を見てきた強みを活かしましょう。
コンサルティング転職前に知るべき業務の実態~「利益相反」の実態とは?
コンサルティング転職前に知るべき業務の実態~「利益相反」の実態とは?
コンサルファームと顧客の利益相反について質問を頂きました。コンサルティングファームに就職・転職をする前に、コンサル業務の重要な課題の一つを理解しておきましょう。
コンサル転職に有利な3ポイントとは?資格・英語・コンサルランキングの実態
コンサル転職に有利な3ポイントとは?資格・英語・コンサルランキングの実態
コンサルタントになるには?資格は?英語力は?年収は?コンサルランキングは?という頻出の質問に対して、纏めてみました。
弁護士から戦略コンサルへの転職~司法試験に合格後にコンサル志望時の3ポイント
弁護士から戦略コンサルへの転職~司法試験に合格後にコンサル志望時の3ポイント
亡き兄、また父の無念を胸に、司法試験に合格し、事業再生プロを目指される女子大学生の方からのキャリア相談です。資格試験に合格したものの、その道に進みたくない方からのキャリア相談は、会計士・弁護士・医師を含め数多く寄せられます。長期的志望動機と個性との兼ね合いですが、一般的に考慮すべき3ポイントを論じましょう。
銀行からのコンサル転職~金融機関向け案件の多いコンサルファーム転職したい!
銀行からのコンサル転職~金融機関向け案件の多いコンサルファーム転職したい!
多くのトップティア・コンサルティングファームにとって金融業界は大口顧客の一つである。そして、バイアウトファンド向けのデューディリジェンスプロジェクトや、投資後のPMI(Post Merger Integration)プロジェクトが多い。銀行向けはマッキンゼー、プライベートエクイティ向けはベイン、ちょっと安めのデューディリジェンスではローランドベルガーがよく使われている。
トップクラスの人材はもう、コンサル・外銀・PEを目指さない3大理由
トップクラスの人材はもう、コンサル・外銀・PEを目指さない3大理由
東大・京大生の中でコンサル人気が沸騰していますが、これはそもそもコンサル志望者が集まる就活メディアの集計であるバイアスがあることに加え、コンサルの採用人数が増え、安定志向のコンサバ人材のボリュームゾーンがコンサル業界を目指すようになったことも影響しています。同じく外資金融、プライベートエクイティも昔のような”これから日本で始まる”業界ではなく、秀才のエスタブリッシュメント産業化しています。
1
2
4
6
7
総合アクセスランキング