コンサルティング企業給与比較~コンサル各社の給料水準を徹底比較!

コンサルティング企業給与比較~コンサル各社の給料水準を徹底比較!

結局のところコンサル各社は、いくらくらい給料を払ってくれるのでしょうか?”マネジャー以上に上がらないと時給的にもとは取れず、プリンシパル、パートナーにならないと総合商社の方が楽して安定的に長らく稼げます。しかしパートナーレベルになると、総合商社シニアの二倍以上もらえます。なお、ブランドが弱く、規模も小さいファームは、社内で上に上がっても給料のアップサイドは限られているのが現実です。「給料の額に関わらずコンサルで頑張りたい」という人でないと、務まらない給与水準のケースもあるので気を付けましょう。

コンサル各社の給料大比較結局MBBやその他戦略コンサル、Big4では、いくら稼げるのか?

コンサルファームは、戦略、テクノロジー、デジタル、オペレーションと、上流から下流にかけて給料が下がっていく。(何事も、”結局何をするのさ”という目標設定が肝心なのである)。

また単価の高いブランドファームは、一人あたり売り上げも高いので給料も高い。その高単価に見合わない案件を、より長い労働時間と低めの給料、それでも優秀なコンサルタントがこなしていく。Bigはトップティアのデロイトだと戦略ファームの一部と遜色ない水準だ。

端的に言えば、要するにMBB及び一部トップティア戦略ファームは、一回昇進していきなり万越えだ。これに対しBigやセカンドティアは回、下手したら回昇進してようやく、万である。

なお、給料が低めの日系独立系の戦略コンサルでは、本コラムの最後で紹介する企業を含め30になっても1000万に届かず、700万前後のこともある。

新卒時のマッキンゼーとの給与差は年間100万程度だったのが、30になると実に1000万近く差がついてしまうことになるので、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける