令和時代に最もヤバい危険キャリアは、銀行!?~銀行から転職すべき7大理由とは?

令和時代に最もヤバい危険キャリアは、銀行!?~銀行から転職すべき7大理由とは?

銀行でのキャリアは、ビジネスモデルの構造的な問題、人材の質の劣化、ベンチャーや他業種との競争、AIによる代替、そして継続するマイナス金利など、非常に数多くの問題にさらされています。企業年金受給としがみつき&逃げ切りモデルが見える年齢でなければ、20代、30代前半のバンカーが転職せずにそのまま居続けるキャリアは、大変リスキーなものになっています。

若手が銀行に入るのはもちろん、居座るのも危険な大理由

銀行といえば長らく高学歴な人々にとって、人気職種の常連でした。しかしそれが年代、今更入るのが最も危険な不人気職種に転落しています。

代後半で年金受給が見えてきた世代が逃げ切りを図るのならまだしも、代前半までの若手バンカーにとって、沈む船からの脱出競争が現在起こっています。

それでは以下で、メガだろうと地銀だろうと、「転職可能なうちに銀行を脱出すべき大ポイント」を以下に解説します。

.ビジネスモデルの崩壊

ご存知のよう、低金利、マイナス金利が続き、またコーポレートに現金が潤沢で、銀行の「存在意義」自体が問われる局面になっています。

資金が必要な企業に対しては無担保でリスクがとれないので貸し出せず、バランスシートが盤石で資金需要のない会社に、頼み込んでただただ利率を下げて借りてもらう実態に、嫌気がさす人が続出しています。

また顧客自体が現金を豊富に持っているところに設備投資需要が減っていることから、構造的に銀行業務の本業が成り立たなくなってきています。

.意義に乏しい、非効率な仕事の数々

...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける