投資銀行の英語面接対策:英語が苦手でも内定を取る3つの方法とは?

投資銀行の英語面接対策:英語が苦手でも内定を取る3つの方法とは?

外資系投資銀行の面接を控えておられる方は、英語面接を心配されている方も少なくありません。しかし実際は、英語が下手でほぼ話せなくても、英語面接を乗り切り内定を得ている方も沢山いらっしゃいます。以下では英語が苦手な方の、外資家投資銀行英語面接対策の3ポイントに関して解説致します。

投資銀行の英語面接対策:英語が苦手でも内定を取るつの方法とは?

外資系投資銀行の面接につきものの、英語面接。普段から英語が苦手な人は、数いる帰国子女の英語ネイティブの候補者と、どう戦えばいいのでしょうか。

実際のところ、もちろん英語がペラペラの内定者も多いですが、多くの投資銀行志望者同様、日本でずっと暮らし、日本の教育機関でしか勉強していないのに、受験英語と壮絶な日本語なまりの気合系英語、別名”ジャパングリッシュ”で見事面接を切り抜け、内定を得る方もいらっしゃいます。

以下では投資銀行の英語面接を乗り切るために気を付けたいポイントについて解説します。

.投資銀行の面接では、英語以前に論理的に結論ファーストで話しているかどうかが重要

英語面接の要は、発音や単語以前に、回答の構造です。日本語と異なり、英語は結論ファースト、アンサーファーストの言語文化です。日本語のように、背景や理由からグダグダ話していると、翻訳英語の不完全さと発音のチャレンジも相まって、何を言っているか意味不明の英語になりがちです。

これは日本語で回答するときもそうなのですが、つとめて「...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコラムは全て、コンサル・投資銀行・プライベートエクイティ業界のトップファーム経験者/現役プロフェッショナルにより執筆されています。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

最強の特典プログラム