戦略コンサル解雇!?『アップオアアウト―退職理由は解雇が殆どか?』

戦略コンサル解雇!?『アップオアアウト―退職理由は解雇が殆どか?』

コンサルの退職理由についてご紹介します。アップオアアウトは実際に適用されるのでしょうか?結論を言えば、人手不足のこのご時世、”向いてなくて自発的に辞める”人はたくさんいても、会社から放り出される人はあまりいません。しかし、向いていないコンサルにしがみつき”コンサルからの転職適齢期”を逃すと、将来大後悔することに。何しろ長いキャリア人生のうち、実は向いている仕事をポテンシャル採用で探せるのは、30代半ば迄の15年しか無いのです。”アップオアステイ”などと言って長居する事のリスクをよく考えましょう。

戦略コンサル解雇!?『アップオアアウト―退職理由は解雇が殆どか?』

◆Question (京都大学大学院 経営管理教育部 Oさんより質問)

新卒社員のうち、3年未満で退職する人の割合が多いと聞きます。

その理由は、業務のハードさよりもむしろ解雇によるものであるという情報は正しいのでしょうか。 

社員の退職の理由、またその後の再就職先などの情報を教えていただければと存じます。

◆Answer 会社から解雇されるコンサルは少ないが、”アップオアステイ”で”転職適齢期”を逃すリスクに注意しよう

正しくないです。社員の退職理由のうち、解雇は(ファームにもよりますが全般的に)非常に少ないです。

そもそも、昇進しない年月が続けば居づらくなるので、大半は自発的に辞めていきます。3年たって同じポジションなら、それは”このままいても先はないよ”という、会社からのメッセージなのです。

近年では人不足もあってか”アップオアステイ”といって4年も5年も昇進することなく居座るケースがありますが、これが不幸なのは、若いうちに本来向いているかもしれないキャリアに自分を置けなくなるので、30代後半という転職先がぐっと狭まるタイミングで、今後の展開が辛くなるのです。

なお解雇に関しては、市場環境に依...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける