我が国・日本に貢献したい! 「日本を科学技術立国するという夢を叶えるには?」

我が国・日本に貢献したい! 「日本を科学技術立国するという夢を叶えるには?」

日本を科学技術立国にしたいという、東工大の学生さんからのご質問に答えます。

東京工業大学大学院 理工学研究科 KTさんより質問

現在、理工系の大学院で原子核工学専攻に所属しております。 私の専攻の人は多くの人がメーカーに進みます。自身も科学技術立国 の日本が発展して欲しいと考えております。その意味で今までメーカーを志望しておりました。

しかし科学技術立国になるためにはビジネスの仕組みも必要と考えて戦略コンサルタントを志すようになりました。しかし最終の目的である日本を科学技術立国にしたいという夢に違いはありません。

以上のように考えた時に、はたして技術の道に進むべきなのか、それともコンサルタントになるべきなのかどちらの方が日本に貢献出来るのか知りたいです。

講師からの回答: メーカー研究職やコンサルだけが選択肢ではない

問題意識溢れるご相談、ありがとうございます。これに応えるには、科学技術立国の定義と、貢献の定義、あなたの適性、やりたいことを考えなければなりません。

ここでは、科学技術により生産性を高め、経済成長を牽引し、その成長に与えるご自身のインパクトを最大化するには、という定義でよろしいでしょうか。

そうだと仮定して進めると、一つのメーカーで基礎研究でそれこそ発光ダイオードや再生エネルギー、リニューワブル・バッテリーの基幹技術を開発して特許で抑えて知財で世界中から稼ぐ、みたいなウルトラCキャリアをたどれるならメーカーに進んで研究職もよいかもしれません。

ただ正直なところ、会社へのインパクトならまだしも、一国単位へのインパクトとなると、一つの会社に就職して研究開発をして、、、という道は、少し上で定めた定義とは遠いように思います。

ここで私が申し上げたいのは、”選択肢はメーカー研究職やコンサルだけではない”ということです。今はメーカーの研究者やコンサル以外にも様々な道があります。それこそ開発したい技術や商品、サービスのプロトタイプつくって資金調達して大きく育てていく人もいますし、メーカーよりもAIやブロックチェーンを様々な分野に応用する分野の方が、”科学技術立国”の新たな定義に合致しているかもしれません。

実際いま、中国の上海やシェンゼンの方がよっぽど日本より進んでいる分野でもありますが、これは別に共産党政府の政策がすごかったからではなく、一起業家のジャック・マー会長がすごかったから、中国の科学技術化が進んでいるのですから。

科学技術立国への課題:非効率で意味なさそうな研究開発投資が多い

なお以下では、コンサルティングファームで幸い、日本を代表するメーカーのR&D政策改善プロジェクトに参画した経験から問題意識を書きます。

まず日本の科学技術政策の問題点として、研究開発投資が巨額に上るものの、その効率性が疑問視されています。特許の数は確かに多いですが、それが収益に繋がっていないケースがあまりにも多いからです。これは市場の需要とは隔離された、いわゆるガラパゴス携帯の例もその一つかと思いますが、せっかくの高度な技術力がお金に繋がっていないのです。

逆に、お金に繋がる戦略的特許を米IBMなどは巧みに押さえているため、彼らは知財収入だけで2000億を超える年を何度も記録しました。彼らから特許侵害で訴えられる企業は多額のライセンスフィーを払う羽目に陥っています。

これは、一方では伝統的に日本の大手メーカーに資金が潤沢で研究開発費の使い方に関し規律が緩かったこと、また研究所の力が強かったり、営業チームと連携がとれてなかったりと、様々な原因が挙げられます。

”科学技術立国”の自分ならではの定義を考え、自分の特性を活かせる具体的職業を自分で選ぶことが大切

技術力の資金化という意味ではメーカーの研究室で偉大な発明目指して研究に励む道もあれば、政府で科学技術振興政策を推進するというパブリックポリシーの道もあれは、ベンチャーキャピタルで有望な技術を有する日本企業をビジネスとして成り立たせ、海外に打って出るというインキュベーションの道もあれば、アーサーディーリトルなど知的財産戦略に強いとされるコンサルティングファームでクライアント企業の特許の棚卸→評価→収益化などの戦略を補佐するという道もあるでしょう。

ただしこれらは向き不向きの世界ですので、率直に”社会のために何をやるべき”などと大きなことを考える前に、純粋に”自分が燃えられる選択肢、自分の適正が活かせ、他の人に任せるより自分にまかせた方がいい仕事は何か?”という観点で考えるのが大切でしょう。

ビジネスや組織の戦略など商売要素を配した純粋な基礎研究に没頭したいタイプの方は研究者がその特性を生かせると思いますし、逆にビジネスとして回る仕組みを作って有望な技術をサポートしたい、というのであればコンサルティングの方が向いていますし、自分でお金を張って、人脈を駆使してポートフォリオ企業の技術力で稼ぎたいというのであればファンドへの道を目指すのも考えられます。

ただ新卒で、今後実際に働きながら具体的にやりたいことが見えてくるかと思いますので、”絶対にこれでなきゃだめだ!”と深刻に考え過ぎず(真面目な方が多いからか、東工大の方は他の大学生の方々に比べ、先々のことまで細部にわたって検討されたい方が多いようです)、方向性とビジョンと価値観に合致したキャリアを選ばれることを、祈念しております。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69