公認会計士からのコンサル転職~会計士の3大遣り甲斐と、増える転職理由とは?

公認会計士からのコンサル転職~会計士の3大遣り甲斐と、増える転職理由とは?

Strong Career講師で、会計士のキャリア相談を担う担当者からのメッセージです。会計士としてのキャリアが困難になっていく中、会計士としての遣り甲斐と、退職する人の退職理由について説明していただきます。

私は現在公認会計士として働いています。外資セミナーにはコンサルや投資銀行の前に会計士を目指すべきか、という相談をよせられる方がいらっしゃいますので、 会計士としてのキャリアの実態をお話したいと思います。

まず私が会計士をめざしたのは、金融業界で最強の資格でキャリアの選択肢が広がると思ったからです。前職は金融とは関係のない業界にいたので、絶対に一発合格してキャリア・チェンジしたいという想いから職を辞して、猛勉強をはじめました。

会計士試験の特性として、難易度が高いのはもちろん、とにかく試験範囲が広いということがあります。財務会計・管理会計・財務諸表論・税務・監査論・会社法・経営(選択科...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける