もう辞める!退職理由10パターンIN ボストンコンサルティンググループとは??

もう辞める!退職理由10パターンIN ボストンコンサルティンググループとは??

コンサルティング業界トップ3の一角、BCG。その成長環境に満足度が高い半面、他のコンサルティングファーム同様、数年で退職する人もたくさんいらっしゃいます。当セミナー会員・講師のBCG出身者・現役コンサルにアンケート調査し、ポジティブな理由、ネガティブな理由を典型的な10パターンにまとめました。いまBCG勤務中のあなたも、ひょっとしてこんなこと考えてらっしゃるのでは・・・?

もう辞める!退職理由10パターンIN ボストンコンサルティンググループとは??

コンサル志望者が最も入りたがるファームの一角、ボストンコンサルティンググループですが、数年で退職する人が多いのも事実です。その10大パターンを見ていきましょう。いまBCGで勤務中の方も、結構当てはまるものが多いのでは。。。


第一位ワークライフバランスの悪さ

退職理由でワークライフバランスの悪さを上げる人が多いのは、どのコンサルファームも同様です。トップティアの人材がコンサル離れを起こしたり、好況に対し人材不足が激しく、働き過ぎにならないようなチェックを開始していますが、実際は機能していないことがほとんど。

活躍するほど、いろんなプロジェクトに引っ張りだこになり、作業がたくさん振ってきます。体力、精神の限界まで働きがちな、Noと言えないまじめなエリートタイプが、無理して崩壊してしまうパターンです。あなたはこれ以上、ワークライフバランスを無視して働き続けられますか?


第二位成長が鈍化してきた

コンサルも数年経験すると、コンサルとしての動き方はわかるものの、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける