外資系投資銀行面接で売るべき強み3大重要パターンとは?

外資系投資銀行面接で売るべき強み3大重要パターンとは?

投資銀行の面接では必ず「強みは何か」が聞かれる。この強みはもちろん、腕力に自信があります、や、数学が得意です、などとアドホックに言うのではなく、業務の特性とそこで活躍するのに必要な資質にリンクしていることが望ましい。その求められる強みを解説しよう。

外資系投資銀行面接で売るべき強み3大重要パターンとは?

投資銀行での面接で避けたい、独りよがりな自己PR

外資系金融機関(に限った話ではないが)でよく聞かれる「あなたの強みはなにか?」という質問に関してだが、付け刃の英語力や持ち前の「コミニュケーション能力」を振り回そうという学生諸君は、この節を読んで本当によかった。

というのも、10中8,9、”リーダーシップです””コミニュケーション能力です””数学に強いです”などと、班に押したような同じようなセリフを、具体的ストーリーの裏付け無く表層的にアピールして上滑りする人が多いのだ。

貴方が面接で言う「強み」は、投資銀行での業務理解に基づく「強み」になっているか?

投資銀行部門での面接では、必ず「あなたの強みは何ですか?」と聞かれる。
この時、たいていは質問を通じ、一年目のあなたに求められる役職をうまくこなせるかどうかをチェックしている。
「自分は役に立つ」と思ってもらいたいあなたは、当然、一年目の仕事に結びつく強みを訴えなければならない。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける