企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント

企業価値とは?~金融機関への就職・転職を考える前に考えたい企業価値5大ポイント

企業価値の定義次第で、会社の方向性が大きく変わってしまいます。従来の資本価値の計算だけではなく、新たな「企業価値」の再定義が求められています。

東京大学農学部 大学院 男性より質問

昨今、日本でもM&Aが数多く行われるようになりましたが、その中には売り手側株主や買い手側株主だけの利点になる案件、すなわち従業員などにとってはマイナスなM&Aも多々存在するかと思います。

また、会社が株主のものであるという観点では短期的な利益の追求が経営陣の課題となり、長期的な成長が実現されないこともあるかと思います。

これらの点を考慮すると、一概に会社は株主のものとは言えないと思いますが、しかし、現在の流れとしては会社は株主のものとする考えが主流になりつつあるのではないかと思います。

この流れはさらに加速するのでしょうか。

講師による回答

会社とは、誰のものか?

加速しないですし、加速させてはいけないのです。
企業価値とは、本来定義次第です。企業とは何か、価値とは何かを考えると、起業が果たすべき役割とはなにか、どのような価値観を重視するかという哲学的な問いに行きつきます。

しかし金融市場で定義されている株主価値、ないし企業価値は資本価値の側面に過ぎないのに、その最大化が目的とされ、他の価値が無視された反動で貧富の格差拡大に繋がりました。

むしろ今はこの流れが再考され、どのような多様な価値を企業価値とするのか、経営者や投資家、社会の価値観が試される局面になっています。

企業価値の再定義を、皆さんはどのように考えられるでしょうか?以下に企業価値...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける