コロナショックで解雇ショック!!外銀・コンサルをクビになった時の五か条の御誓文

コロナショックで解雇ショック!!外銀・コンサルをクビになった時の五か条の御誓文

コロナショックで世界的に失業率が急上昇しています。タダでも景気変動に敏感な外資金融や外資コンサルは、「外資」であるだけに、国際資本の論理(資本>労働者)で大量に解雇されています。外資金融やコンサルで解雇されたのち、ある人は現実を受け入れず徹底抗戦し、たいていは無残な敗北に終わります。逆にある人は、解雇されたときに威風堂々たる協力姿勢を見せ、古巣との関係を維持することに成功します。コロナ解雇されても、災い転じて福となすヒントを、ストロングキャリア講師陣が解説いたします。

コロナ不況で解雇された外資金融マン・コンサルタントのトリセツ 

コロナショックを受けて、世界的に解雇ラッシュが起こっています。

この未曾有の実体経済縮小局面で解雇されたとき、どのように対処すべきでしょうか?以下にコロナショックで解雇されたときに注意すべき、5か条のポイントを論じます。

なお、以下は貴方が引き続き大企業に転職してキャリア形成を試みるという前提で書かせていただいています。

仮に業界も変え、そもそも大企業で務めることすら足を洗われるということでしたら、以下は割り引いてご検討ください。

コロナ解雇で、してはいけないこと無駄な抵抗をするパフォーマンスが低くないと言い張っても無理

 人は解雇されると、まずはその現実に抗います。

「なぜ自分が解雇なんだ、パフォーマンスは最高ではなくても、解雇されるほどではないではないか、自分より業績が低いあの人が残っているのはなんでだ、去年のパフォーマンスレビューではいいことが書いてあったじゃないか」云々。このように、「解雇の現実を受け入れない」反応を示すのが一般的です。

しかし余程のことがない限り、...

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける