金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

超低金利が続き、金余りで多くの銀行の本業が変革を迫られる中、フィンテックや仮想通貨の浸透で、金融業界が根本的な変革を迫られています。そんな金融業界での働き甲斐に関する本質的な問いに答えます。

金融業界で働く意義とは何なのか、3大働き甲斐パターンとは?

京都大学大学院 経営管理大学院 CKさんより質問

私は、現在大学院でPFIという社会資本(電力会社や道路などのインフラ)整備に民間資本を活用する方法について学んでいます。

というのも、フランスへ留学したときの経験から、人や社会を動かす仕組みについて勉強したいと思ったからです。
現在では、社会の仕組みについてだけではなく、証券化や金融商品の組成についても興味を持っています。

[会員限定] この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

会員登録

*当サイトのコンテンツは、プライベートエクイティ、戦略コンサル、外資系投資銀行で長年勤務するプロフェッショナル及び、業界各社で活躍される会員の皆様によって執筆された最新の一次情報です。2頁の会員登録アンケートへの回答で、1000頁を超える特別会員コラムを、全て御覧いただけます。

こんな記事も読まれています

連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

適正診断・コーチングを受ける