金融業界の働き甲斐って何なの!?~「金融商品を作ることは社会貢献になるか?」

金融業界の働き甲斐って何なの!?~「金融商品を作ることは社会貢献になるか?」

超低金利が続き、金余りで多くの銀行の本業が変革を迫られる中、フィンテックや仮想通貨の浸透で、金融業界が根本的な変革を迫られています。そんな金融業界での働き甲斐に関する質問を頂きました。

京都大学大学院 経営管理大学院 CKさんより質問

私は、現在大学院でPFIという社会資本(電力会社や道路などのインフラ)整備に民間資本を活用する方法について学んでいます。

というのも、フランスへ留学したときの経験から、人や社会を動かす仕組みについて勉強したいと思ったからです。
現在では、社会の仕組みについてだけではなく、証券化や金融商品の組成についても興味を持っています。

私は、金融商品を作ることが社会や企業のためにもなっているのではないか、という風に思っているのですが、実際に働いている方々がそういう気持ちを感じることはあるのでしょうか。

人によってまったく違うと思うのですが、特に金融機関で働くことが与えてくれる喜びややりがいについて、お話を聞いてみたいと思っています。

講師による回答

よい質問ありがとうございます。やはりその業界を目指すには、その業界で提供できるサービスやプロダクトに、誇りや意義を感じなければ、モティベーションがわかないですよね。(これが悲しいことに数年すると、目先のボーナス額と昇進に完全にコントロールされる人が大半なのですが。)

金融の喜びは、私の個人的なものですが、余剰資源を成長分野・資源を必要としている分野に振り分けられるという金融のそもそもの機能を大変有意義で面白いと感じるのに加え、幅広く産業・企業を知り、トップマネジメントと直接対話し、人脈を築ける点です。

ただし中にはお金を簡単に儲けられるからという人もいれば、金融商品を開発するのが面白いという人もいますので、貴方が仰る通り、一概に金融の喜びも語ることはできないと思われます。

さて、金融商品が社会の役に立っているかという意味では、これもケースバイケースです。どう見てもこんなデリバティブいらないだろ、とつっこみたくなる商品もありますし、このストラクチャードプロダクト、構造をややこしくしているだけで全然リスクヘッジになってないから、と突っ込みたくなる商品もあります。
ですが、異なるリスク許容レベルの投資家に、そのリスクに応じた異なるリターンアップサイドレベルの商品を提供するのは、リスクマネーをリスキーではあるが成長する可能性のある分野に誘導する上で重要な意義があると考えます。

多様な”リスク・リターンバランスの金融市場”が必要

肝心なのは、その異なるタイプ(リスク・リターンバランス)の市場が十分に発達することです。
残念ながら日本では豊富であった資金が、国策から国債に振り分けられるように制度設計されており、結果財政規律は崩壊し、国債を買う国内マネーに甘えてリスクマネー市場が発達せず、企業のリストラや再生が大幅に遅れたという経緯を持っています。(この点、昨今のGPIF改革は遅すぎたとはいえ、評価できるでしょう。今後は民営化した郵貯の巨大マネーをどう振り分けるかが大きな課題となります。2018年は、巨大郵貯マネーめがけて外資の資産運用会社が日本に殺到した一年にもなりました。)

とにかく伝統的な銀行が貸してくれない企業、株式投資家が手を出さない企業でまだ伸びる余地、再生の余地のある企業に、様々なダウンサイドプロテクションやアップサイドオプションを組み合わせることで資金を融通することが、社会の役にたつ金融商品の特徴の一つと言えます。

端的に言えば、異なるリスクプロファイルの資金需要に、投資家が投資したくなるような条件とストラクチュアリングの金融商品を用意し、従来の金融市場では調達できなかった類の案件に新たな投資家からお金を引っ張ってくることができることなどは、金融商品開発の醍醐味の一つと言えるでしょう。(まぁ、何に社会貢献を感じるかは、自分が何を大切と思うかという価値観次第なので、一概にはいえないのですが)

最近の事例では、2016年でやや下火になりましたが、某米系投資銀行は太陽光関連の金融商品を資本市場でかなり売りさばき、大儲けしたのは記憶に新しいところです。(逆に言えば、エキゾチックで難解なストラクチャーで無知な投資家から高いフィーを搾り取るだけのためにしか思えない商品が、悪い金融商品と言う事ができるでしょう。サブプライムローンもそうでしたが、投資家がよくわからないものを、いかにも打ち出の小槌であるかの説明をして売りつけるのが、典型的な悪い金融商品のパターンです。)

なお余談ですが、リスクリターンバランス関係なく、”とにかく売れている”という理由だけで売れ、”みんな売っている”という理由だけで売られる、実態の価値の裏付けと関係なく乱高下するのがバブルですが、散々もてはやされ、結局2018年が終わるにつれて急落したビットコインなどは、リスクリターンバランスを無視したバブル相場の悲惨な事例の一つになってしまいました。

こんな記事も読まれています


連載カテゴリー

カテゴリランキング
総合アクセスランキング

\\ 過去15年間の外資系キャリア相談・金融スキル研修セミナー //
Dummy1 3a5021c785a64247421b298e1c552bd00e81bd068e765124df37ec814305d965
Dummy2 2b25601816782f8e9a58fe84faa98049eb416164be725328ea425b1e46da7bf8
Dummy3 f351bd3c2d4d0eda5318e41727197d9f4ba115da0ec5d94a74e9924344511168
Dummy4 6bc3e47e92e64128ab07a62c437cfbedce3953c5843bb7413a896546e8746975
Dummy5 54f3381e347fd6503a3d89d94dacffaf5207ba034cb3418a6e1299f5ffe500f7
Dummy6 92640dab12911eb44eb46b1697efc0e24a136775b48a1d0e9544cb99e727459e
Dummy7 87233ab8cbb22d02baa119d32d83cfa78bef326bf52e5ff5c571b43c5fe2deaf
Dummy8 9ceb61bc5a5453d977c3f5bb121da5b1567cee07c258d1c54ab816c04d6ed3a8
Dummy9 faf593019507d7b0a73430721e3e673f214f3989c96d7d21aec02369b030b8da
Dummy10 cc7963c5673a61181749155ef526b9c695559fffced318c8a1684c039b32172b
Dummy11 efc7f8dc5c150d1fd8fa6dddd92208bec2563a290b886f8b1045476c92e6a1b9
Dummy12 4d444d456fdb3a64bc7fa78a33a58d38dd0ce37718ed332e93a1fe16105fb142
Dummy13 127c4d99786b947d9ea151f6afed789a24b583684ae54d9002195f78905ff244
Dummy14 f8c1e7307dbc717d7c602c7c04483522ae0bd95ed76dfb43ec69a31aecbb63fa
Dummy15 9eb156361ef498a617d87f6547abe0ecf5dba149c25854640fdf85445a22eb69